2014年12月06日

笑の内閣「超天晴!福島旅行」

chouapparefukusimaryokou.jpg

 滋賀県大津市にある私立高校、鷹真学園高校は3代目理事長が就任した20年前以来、管理職は必ず学園OB が勤め、外様派は冷遇されていた。しかし、2年前近隣に出来た西園寺大学附属守山高校に志願者をとられている現状に危機感を覚えた校長猿田博士は、大手予備校世阿弥ゼミナールの名物講師だった間久部録郎をヘッドハンティングし教頭に抜擢、歴代校長は必ず教頭から昇格するため、間久部が初の外様校長になるのは確実視されていた。
 しかし、急進的な間久部の改革姿勢に、猿田をはじめとするOB派は反発失脚を狙う。間久部は失脚を免れるためには、理事会の支持が不可欠であった。
 そんな中、学園では修学旅行の旅行先を決める会議が行なわれようとしていた。学園は、毎年北海道に行っていたが、行程中ずっとスキーをする旅行はたいへん不評で、生徒自ら行き先を選べる西園寺に志願者が流れる原因となっていた。ここで、魅力的なプランを出せば理事会の支持が得られる、そう踏んだ外様派が出した案は「福島」であった。
 果たして間久部の狙いは、政争の具なのか、真に被災地に寄り添うためなのか?
笑の内閣新作は、福島に観光に行く意義を、遠い滋賀を舞台に問う学園政治劇!
(チラシより)

 最近すっかり社会派劇団となっている笑の内閣。今回は福島原発観光地化計画に触発されたそうで、福島原発と被災地復興支援を扱っている。原発そのものの是非を主張する作品ではない。いつもながらステレオタイプなキャラクター設定が徹底しており、わかりやすいというかベタというか、絶妙に下手な芝居とあいまって気恥ずかしくなるくらいストレートだ。

 笑の内閣は京都の劇団だが作品の舞台は滋賀県大津市の高校という設定、これは何か縁があるのかもしれないがよくわからない。実在のモデルを適宜織り込んでいるので多分なんらかの元ネタがあるのだろう。販売しているパンフレットには元ネタ辞典なるものも載っているが、これで全部ってこともないと思う。

2014/12/06-13:00
笑の内閣「超天晴!福島旅行」
こまばアゴラ劇場/当日精算2500円
作・演出:高間響
出演:有本ミチヨ/石田達拡/楠海緒/黒須和輝/中村彩乃/髭だるマン/松田裕一郎/丸山交通公園/山下みさお/由良真介/横山清正
続きを読む:スタッフリスト


posted by #10 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月30日

突劇金魚「漏れて100年」

morete100nen.jpg

数少ない人間と出会い、
別れ、生きて、死んでいく、
100年間のちょっと孤独な物語。
(チラシより)

 2012年に悪い芝居の山崎彬の演出で上演し、第57回岸田國士戯曲賞最終候補となった作品(残念ながら受賞は逃した)。今回は作者のサリngROCK自身が演出し、かつ東京公演では出演もする形で持ってきた。

 難しい話だ。時代背景も土地もわからない、いつかのどこかの物語。突然変異した青鬼みたいな生き物が出てきたり、タイトルや内容からなんとなく放射能漏れで汚染された世界の話のようにも解釈できるが、どうもそう単純なことではないようだ。

 主人公のサチが街から漏れて100年の話だとすると、その間に街はどうなったのだろうか。仙人の正体は何だろうか。考えてもわからないが、ただ希望と絶望と受容が入り混じった、やけっぱちに前向きな印象だけが残った。

2014/11/30-14:00
突劇金魚「漏れて100年」
こまばアゴラ劇場/当日精算3000円
作・演出:サリngROCK
出演:山田まさゆき/サリngROCK/埜本幸良/緒方晋
続きを読む:スタッフリスト
posted by #10 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月29日

ユニークポイント「ホテルロンドン」

hoterurondon2.jpg

ある夜、高校に勤務する女教師が池袋のラブホテルで殺された。面倒見がよく、生徒から信頼される教師である一方、彼女は風俗嬢として幾人もの顧客を持っていた・・・

事件後の法廷・・・
殺人事件の目撃者、同僚などが、彼女や事件について次々と証言するのだが、その発言は食い違う。誰が嘘をついているのか?それとも、どれも真実なのか?

芥川龍之介「藪の中」、東電OL殺人事件をモチーフに、モノローグで構成する、ユニークポイント版「藪の中」です。
(チラシより)

 5人の役者が15人を演じる。全員が舞台上に出ずっぱりで、舞台上に吊られた衣装をその場で着替えて前に出てくるという構成だ。いずれも大変うまい役者さんで、途中までそういう仕組だと気づかなかった。

 色々な立場の人がその女性と事件について語ることで進行する。一度だけ母と娘が一緒に登場する以外、ほぼ全てモノローグだ。証言の内容が微妙に矛盾していたり、最後に登場するやや謎めいた人物の証言でますます真相が判らなくなってしまう辺りは、芥川龍之介の「藪の中」とそっくりで、不思議な余韻が残る。

 学習院女子大学パフォーミングアーツフェスティバル2014のひとつとして上演された作品で、会場は当然、学習院女子大学のキャンパスの中にある。大学の入り口で通行許可証をもらって奥の会場へ向かうのだが、これがなかったら不審者と思われるんじゃないかとドキドキした。

2014/11/29-18:00
ユニークポイント「ホテルロンドン」
学習院女子大学やわらぎホール/当日精算2500円
脚本・演出:山田裕幸
出演:古市裕貴/北見直子/高田愛子/若林瑞季/古澤光徳
続きを読む:スタッフリスト
posted by #10 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

時間堂「衝突と分裂、あるいは融合」

shoutotutobunretu.jpg

1963年1月1日、日本で初めての国産TVアニメ「鉄腕アトム」の放映がはじまる。
原子力で戦うロボットの活躍は子供たちの心をつかみ、最高視聴率は40%を超えた。
1963年3月30日、新幹線は試験走行で256km/hの国内最高速度記録を達成した。
科学は人類の進歩の証であり、平和をもたらす万能薬だと思われていた。
1963年10月26日。日本で初めて原子力による発電が始まった。

感情さえ制御できない程度の論理で、核分裂を制御しようとする人間たちの喜劇。
(チラシより)

 日本で原子力の研究が始まった頃の研究者たちの物語。実験中の事故で放射能漏れを起こしてしまうが、それを公表すべきか否かで激しい議論が起きる。その場にいた中で一番若かった青年が老人になってから家族の前で語るのだが、いつしか選んだ現実と選ばなかった選択肢が絡みあう。

 その演出はさておき、研究者たちの感覚はものすごく上手く描かれていたと思う。舞台上では研究者同士のぶつかりあいとなっているが、実際は一人の研究者の中でも同様に激しい葛藤が起こっているだろう。特に原子力というのは、どんなに丁寧に噛み砕いて説明しても一般人にはわかってもらえない分野だ。いつしか説明を諦めるようになるし、馬鹿は黙ってろと言いたくもなるだろう。

 遠回りしてでも理解を得て進めるべきという正論は、どんなに遠回りしたところで理解は得られないという経験の壁を越えられるだろうか。そんなことを考えさせられる作品だった。

2014/11/29-13:00
時間堂「衝突と分裂、あるいは融合」
ミニシアター1010/当日精算2900円
台本・演出:黒澤世莉
出演:菅野貴夫/鈴木浩司/阿波屋鮎美/松井美宣/黒住尚生/田嶋真弓/富田文子/尾崎冴子/神谷柚里/中谷弥生/中山有子/前川昂哉/三嶋義信
続きを読む:スタッフリスト
posted by #10 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月24日

MU「狂犬百景」

kyoukenhyakkei.jpg

東京の街から、どこにも行けない。
犬たちに囲まれながら育まれる、数えきれない風景。

コンビニ、製菓会社のオフィス、漫画喫茶、ペットショップ、駅のホーム、etc…

哀想で凶暴な犬たち、その数は増え続け誰にも止められない。
ただ、ただ、噛まれないように、立て篭る人、狩りを始める人、現実を確認するために犠牲者を出す人、動物愛護を訴える人、新しい基金を設立する人、戦う人、逃げ出す人、関係ないことで争う人、当てた宝くじを換金しに行く人、公共料金を払いに行く人、本当に好きな相手に気付く人、瞑想に耽る人、不倫を清算する人、理不尽さを享受する人、ブリーダーとして犬を育てる人、etc…

わたしたちの狂犬百景。
(チラシより)

 基本的な内容は上記の通りで、狂犬に囲まれて身動きできなくなった東京の4つの場所が舞台となっている。

 オムニバス形式のようだが、すべて同じ空間の別の場所を描いていると共に、1話から4話まで進行するに連れて時間が経っているのが感じられる。登場人物も一部重なっているので、オムニバスというより4幕の芝居として見た方がいいだろう。

 狂犬に噛まれた人はゾンビみたいになっているようだが、その描写はごく一部だ。どちらかと言うと極限状態に追い詰められた人間たち自体の心理ドラマの要素が強い。日常がじわじわと非日常に喰われていく中で、人々がどういう振る舞いをするかに焦点を当てている。

 出てくる人々は皆どこか歪んでいる。正義感を振り回す人にしても露悪的に犬を殺す人にしても、感情移入できる登場人物は誰もいなかった。強いて言えば、何も建設的なことはできずにうろたえるだけの人が一番共感できたかもしれない。実際、あんな状況になったら自分もそうなるだろう。

 会場は原宿のVacantというギャラリーみたいな場所で、ここは以前子供鉅人が使っていたので来るのは二度目。原宿という場所は駅から東が全部アウェイな世界だ。この劇場も残念ながらお洒落すぎて中に入ってもアウェイ感がたっぷり。せめて椅子がもうちょっと座りやすければ良いのだが。

2014/11/24-13:00
MU「狂犬百景」
Vacant/事前入金3800円
脚本:ハセガワアユム/米内山陽子
演出:ハセガワアユム
出演:青木友哉/古屋敷悠/加藤隆浩/大久保千晴/井神沙恵/島崎裕気/宮崎雄真/森口美香/加藤なぎさ/沈ゆうこ/鍋島久美子/櫻井みず穂/富田庸平/菅山望/大塚尚吾/本東地勝/植田祥平/田坂秀樹/町田彦衞/とみやまあゆみ
posted by #10 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月22日

燐光群「8分間」

8funkan.jpg

昼間。駅のプラットフォーム。
階段を駆けてきたが目の前で車輌の扉が閉まる。
間一髪、間に合わなかった。
8分間。これから8分間。
次の鈍行を待つ。
この時間帯、鈍行の間隔は、いつも8分間。
8分間を待つ。
ふだんと変わらぬ暮らしの中の一コマのはずだった。
(チラシより)

 電車とホームの隙間に足を挟まれた女性が一人。救助のため、周囲の乗客がみんなで電車を押そうとする。無事に救助できたかと思ったが、反対側のホームの端でなにやら不穏な動きを見せる男性が。彼を止めるために走りだすが、なぜか同じ場所に戻ってきてしまう‥‥

 同じ時間を何度も何度も繰り返してしまうSFな設定。いつも社会問題や事件を扱う燐光群にしてはずいぶん毛色の変わった作品だと思った。物語がどこへ落ち着くのか皆目検討がつかないまま観ていたら、主人公の内面世界まで踏み込むような展開になり、ますますキョトンとした。

 電車とホームに挟まれた人を乗客達が救助するという状況は2013年7月にJR京浜東北線南浦和駅で起きたことがモチーフだろう。あの時は運行の遅れがわずか8分だったことが海外でも驚かれたというから、そういう意味ではこの作品も社会問題や事件を扱ったと言えるかもしれない。

2014/11/22-19:00
燐光群「8分間」
座・高円寺 1/事前入金3600円
作・演出:坂手洋二
出演:円城寺あや/岡本舞/大島葉子/川中健次郎/猪熊恒和/大西孝洋/さとうこうじ/杉山英之/東谷英人/荻野貴継/武山尚史/松岡洋子/樋尾麻衣子/田中結佳/長谷川千紗/秋定史枝/根兵さやか/桐畑理佳/川崎理沙/鴨川てんし/中山マリ
続きを読む:スタッフリスト
posted by #10 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テアトル・ド・アナール「トーキョー・スラム・エンジェルス」

tokyosuramuenjerusu.jpg

今より少し先の日本。2020年東京オリンピックをピークに、景気の波は引き始め、日本の「ほころび」が顕わになり出した。
人口は1億1000万人まで減少し、その1/3が高齢者。そのほころびは周辺からじわじわと、しかし確実に中心にも侵食しつつある。生活苦にあえぐ民衆は格差是正を求めるデモ活動を展開し始めた。

人口減の煽りを受けて空き家率は増加の一途を辿り、東京都内にもシャッターを下ろした商店街、無人のまま放置された空き家の集まる地区が生まれつつある。そこには失業者や浮浪者、不法滞在外国人などが集まり、独自のコミュニティを形成していた。
ある小説家は皮肉を込めて、その地域をこう呼んだ。「トーキョー・スラム」──。

成功した証券ウーマン・オガタ(=南果歩)は、別れた夫・ヤマネ(=山本亨)との間に生まれた一人息子がしばしばトーキョー・スラムに出入りしていることを知り、20年振りにヤマネの営むラーメン屋を訪れる。しかしそこに、店はもうなかった……。

資本主義の未来は一体どうなる? お金って一体、何? 日本はこの先、どうなるの?
──あり得るかもしれない日本の未来を、壊れた家族が直面するお金と経済、そして愛の話を通じて描く、テアトル・ド・アナールの最新作です。
(チラシより)

 内容は上記の通り。ちょうど世の中はアベノミクスが成功だったのか否かといった議論がされていますが、その土台となる資本主義のシステム自体の意義を問いなおすと共に、それをどう受け止めるのか問いかけてくる作品でした。

 証券会社が右から左に株や債券(の所有権)を売買すると「利益」が出てくる。この「利益」ってどこから生まれたのか? 劇中で息子が叫ぶその問いかけへの答えは提示されませんが、これに答えることのできないままお金を扱っている人は少なくないと思います。

 スラム街で暮らす貧民達はどこに怒りをぶつけたらいいかわからず、ただ金のある所を攻撃するだけです。何かが間違っているはずだけど、何が正解なのか、誰が騙しているのか、出口があるのかないのか、何もわからないまま、何かわかったように語りながら。

 本作は親子の人間ドラマを交えて語られていますが、実は経済システムそのものだけでも十分にドラマチックなのではないかと思います。

 本作と同じ谷賢一が演出した「モリー・スウィーニー」では弱々しくも気丈に生きる全盲の女性を演じていた南果歩さんですが、今回は打って変わってカツカツと歩くやり手のキャリアウーマン。その凛とした立ち姿は大層に魅了されました。

2014/11/22-13:00
テアトル・ド・アナール「トーキョー・スラム・エンジェルス」
青山円形劇場/事前入金5500円
作・演出:谷 賢一
出演:南果歩/山本亨/古河耕史/山崎彬/加治将樹/一色洋平/井上裕朗
続きを読む:スタッフリスト
posted by #10 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月16日

劇団競泳水着「別れても好きな人2014」

wakaretemosukinahito2014.jpg

明日出逢ったあなたと、きっと昨日、恋に落ちる。

過去・現在・未来が交錯するトリッキーな構成と、想いが弾ける120パーセントのラブストーリーで、 初演(2004年)、再演(2007年)、共に、小劇場界の片隅で熱狂を生んだ、劇団競泳水着、初期の代表作にしてマスターピース。 十周年記念企画の締めくくりに再々演。
(チラシより)

 ケンカ中の兄夫婦と、明日結婚する予定の妹とその恋人、そしてそれぞれの友人や恩師たちが繰り広げる恋愛ドラマ(あるいはコメディ)を、3つの時代を行きつ戻りつしながら描いている。

 もう清々しいほどの甘い少女漫画チックな恋愛ものですが、3つの時代の絶妙なズレにいろんな社会問題や技術の進歩を織り込んでおり、本筋以外のディテールもよくできていて楽しめました。

 各登場人物が皆少しずつダメな人で愛おしいのですが、中でも兄役を演じた村上さんがとてもいい味を出していました。さすがです。

2014/11/16-14:00
劇団競泳水着「別れても好きな人2014」
こまばアゴラ劇場/当日精算3300円
脚本・演出 上野友之
出演:相楽樹/村上誠基/亀田梨紗/篠原彩/須田彩花/武子太郎/福永朱梨/松木大輔/松下仁/谷田部美咲/すがやかずみ
続きを読む:スタッフリスト
posted by #10 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月09日

あたらしい数字「爆弾魔メグる」

bakudanmameguru.jpg

モノクロのピエロが私にくれた黒い風船は、私の体の中で爆弾になった。
あいつやあいつやあいつらに膨らまされて爪先や髪の毛の先まで届いてパンパンになって、
そしてもうすぐ爆発する。

のを僕は知っているから、爆弾魔メグります。
(チラシより)

 王子小劇場のスタートダッシュ公演ということなのでまだ新しい劇団。“第一回公演”等の表記は見当たらないが、旗揚げが2014年と書かれているのでおそらく本作が最初だと思われる。

 女子高生の悶々とした気持ちが今にも爆発しそうになっているのは伝わるのですが、その内面を実体化したようなピエロが少々現実味がありすぎて、精神世界的な幻想感が表現しきれなかったのではないだろうか。

 なんとなく学生演劇みたいな印象。方向性は嫌いじゃないので、もっと経験を積んで洗練された作品を出してほしい。

2014/11/09-14:00
あたらしい数字「爆弾魔メグる」
王子小劇場/支援会員
脚本・演出:佐々木琢
出演:荒木秀智/木村みちる/田中渚/辻響平/西山愛/服部容子
続きを読む:スタッフリスト
posted by #10 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月03日

DART'S「In The PLAYROOM」

intheplayroom.jpg

人気小説家、桐野範容の描く超絶サイコサスペンス『ザ・プレイヤー』シリーズの最新刊が発売された。
女刑事水越貴理子をまき込んだ天才殺人鬼の殺人ゲームは巻を重ねるごとに激化していく。
最高傑作との呼び声も高いその新作を、待ち望んでいた読者たちが手にする。物語に浸る幸福な読書体験。

それを遮ったのは、本に挟まれていた1枚の紙片だった。

『私の小説の登場人物になりませんか?』

あやしげな文句に惹かれ集まったのは熱心な愛読者たち。西武新宿線西新宿駅近くの廃墟ビルに招かれた彼らの前に、桐野範容を名乗る人物があらわれる。

「登場人物 として、殺人鬼『プレイヤー』のゲームに参加してください」

参加した読者たちの行動をもとに、桐野がこれから新作を書こうというのだ。
自分の大好きな小説の登場人物になれる。

迷わず参加を決めた彼らに、殺人ゲームのルールが説明される。殺人鬼に指定された今回のゲームは『鬼ごっこ』だった。

「それでは、ゲームを始めましょう」

作家桐野範容の『想像の世界』を舞台にして、天才殺人鬼が鬼となる『恐怖の鬼ごっこ』が始まる―

【ルー ル】
・行動範囲は新宿区限定とする。決して区外に出てはならない。
・ゲームは13時に開始し14時に終了することとする。
・以上のルール内であれば何をしても構わない。
・鬼にタッチされたら負けとなり『罰』を受ける。

この物語から逃げることは、許されない―
(チラシより)

 新宿区内を逃げまわる展開をどうやって劇場で上演するんだろうと不思議だったが、実際は逆に密室に閉じ込められた状態で頭脳戦が繰り広げられる。

 複雑な展開が言葉で説明されるので、状況を把握するのが一苦労。正直な話、途中から追いかけるのを放棄してやりとりを眺めていた。しかしこの話の本当のポイントはそこではなく、その先にあるどんでん返しに次ぐどんでん返しというミステリーの波状攻撃だ。

 全部で4回か5回はどんでん返されたのではないだろうか。しかし理不尽なものではなく、最初の方で微妙に違和感があった部分が次々に解明されていくような展開で面白かった。登場人物それぞれに見せ場がある構成で、やってる方も楽しかったと思う。

2014/11/03-13:00
DART'S「In The PLAYROOM」
シアター・ミラクル/当日精算2500円
脚本・演出:広瀬格
出演:島田雅之/國重直也/浅見臣樹/今里真/金崎敬江/佐賀モトキ/椎谷万里江/民本しょうこ/松澤くれは
続きを読む:スタッフリスト
posted by #10 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月02日

Ammo「Lucifer」

Lucifer.jpg

誰もが彼のプレイに夢中だった。
シルクのように滑らかなボールタッチ、一度ボールを持ったら離さない利己的なドリブルは悪魔的でさえあった。
敵も、味方でさえも彼に魅了された。将来を嘱望された選手だった。
イリヤ・ペトロヴィッチ。彼は、ある日突然消えた。

ボスニア・ヘルツェゴビナ内戦の終結から十年後、私はトヨタカップで来日するシーナ・アクシシャヤを迎えに成田空港に
車を走らせていた。あの、"やせっぽちシーナ"が今や代表のエースだというのだから、時間はあまりにも早く、未来は全く予想がつかない。

私は、彼と話すべきことがあった。あの日の、イリヤ・ペトロヴィッチと、彼を鼓舞するビリヤシュのサポーターの声と、そして私を含むあらゆる人達の傲慢についてだ。
(チラシより)

 ユーゴスラビアと言えば1984年にサラエボオリンピックを開催した国だが、それから10年も経たずして大規模な内戦に突入した。当時大学生だった私は、オリンピックが開かれた街が戦場になっている光景をテレビで見て、強く衝撃を受けた記憶が残っている。今時戦争なんてものは途上国で起こるものだと思い込んでいたのだ。

 この作品は、ボスニアのある街で暮らすサッカー大好きな人々が、内戦により敵味方に分かれ、仲の良かった隣人が殺し合うようになる悲劇を描いている。内戦は単なる戦争以上に悲劇であることが突き刺すように伝わってくる。それでも私達は現実に起きたことの1割も理解できていないかもしれないが。

 だが日本でもいまやそれは他人事でない。ユーゴスラビアですら、実際に戦争が始まるその瞬間まで、まさか戦争が始まるとはみんな思っていなかったというのだ。いつの日か私達が同じように語る日が来ないように、最善と思う選択を続けていかなくてはならないが、果たしてできているだろうか。

2014/11/02-19:00
Ammo「Lucifer」
d-倉庫/当日清算3200円
脚本・演出:南慎介
出演:荒川ユリエル/平佐喜子/三浦佑介/前園あかり/石塚みづき/鹿島ゆきこ/吉永輪太郎/さいとう篤史/斉藤太一/大春ハルオ/加藤素子/安田徳/大野由加里/井上千裕/水津亜子/信國輝彦
続きを読む:スタッフリスト
posted by #10 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

屋根裏展望台「2つの重力の間で」

2tunojuuryoku.jpg

今回の屋根裏展望台はSFです。
数年後、地球に隕石が衝突するかもしれない、と言う話です。

けども、パニックものみたいに政府やら軍やらNASAやらが登場するのではなくて、隕石が衝突するかもしれないらしいけど、特別何かすることがあるわけでもないし、まあ普通に生きてこうかー、という人たちが出てきます。

そんな人たちが、家で、都市で、郊外で、twitterで、youtubeで、どんな行動をとるのか。

今回はそうした風景を描いてみようと思っています。
(チラシより)

 10年後に隕石が落ちてきて人類が滅亡すると予想された後、普通の人々がどう過ごすのかというテーマ。新井素子の『ひとめあなたに』みたいな設定だが、10年も先となるとパニックを起こすにも気が早いようで、微妙に穏やかな日々が続いている。

 その設定はまあ良いとして、いかんせん演出というか展開がダメすぎる。どこかで見たような表現がだらだらと続いて間延びした時間が流れる。90分の作品だが、おそらく半分くらいで飽きて、あとはいつ終わるのか待つばかりの苦痛な時間を過ごした。

2014/11/02-14:00
屋根裏展望台「2つの重力の間で」
王子小劇場/支援会員
作・演出:岩城泰斗
出演:伊藤千尋/大村優介/高橋由理枝/田代雄亮/西村蒼/八木あがた/矢野昌幸
続きを読む:スタッフリスト
posted by #10 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月01日

MCR「あの部屋が燃えろ」

anoheyagamoero.jpg

東京都杉並区、商店街を抜けた先、
一階、風呂無し、外に共同シャワーあり。
隣には友だちが住んでいて、
うちの冷蔵庫に入ってるものを僕が留守の間に自分の部屋に持ち帰る。
僕はそういうアパートに住んでいる。
鍵は付いているんだけど、なんでかみんな、
素手でうまいこと鍵を開ける術を知っている。
知っているから、帰ってくると、
知らない人が横になってテレビを見ていたりする。
僕はそういう部屋に住んでいる。

もしもあの頃に戻れるならば、
あの時間をアパートごと、燃やしてやりたいと思う。

つまりどういうことかというと、
世の中の基準が部屋にまで届かない閉鎖的な世界観を、
溢れる罵詈雑言と小気味よいリズムの会話群で
空間をいびつにも広げようと努力する人たちの、
結局は畳を指でガリガリするだけだったりする、そんなおはなしです。
(チラシより)

 何者にもなれずくすぶってる若者たち。言い換えればザ・ダメ人間ズ。そんな連中がたむろするアパートの一室が舞台。自分も学生時代はあんなんだったか…いやそんなにひどくなかったよ…でもなんか、ちょっと憧れる。

 前半はひたすら無駄なマシンガントークてんこもりで笑いまくるが、ラストはやっぱりダメダメで道を踏み外して、泣きながら笑うしかない展開。あんな芝居で泣かされるもんかって思うけど、泣いたっていいだろう。

 余談だがザンヨウコから浅く同情されたい。

2014/11/01-19:00
MCR「あの部屋が燃えろ」
小劇場B1/当日清算3000円
作・演出:櫻井智也
出演:澤唯/小野ゆたか/後藤飛鳥/堀靖明/本井博之/ザンヨウコ/津留崎夏子/櫻井智也/おがわじゅんや/北島広貴/伊達香苗
続きを読む:スタッフリスト
posted by #10 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FUKAIPRODUCE羽衣「よるべナイター」

yorubenaita-.jpg

 円形劇場を活かして野球場をモチーフに組まれた舞台で、野球のユニフォームを着た役者たちが妙ージカルを演じる。でも内容はちっとも野球とは関係なくて、男と女と歓楽街、一人の寂しい夜、愛する人よ君といつまでも的なストーリー。

 ちょっと下ネタと言うかセクシャルな演出も多いけど、クスクスニヤニヤ笑ってるうちに人生の悲喜こもごもを見せつけられて、いつのまにかホロリとさせられる。ああ、今日も羽衣マジックに絡め取られたよ。

 妙ージカルも慣れてきたが、さすがにこの大人数で歌うと歌詞が聞き取れないことがあり、そこは残念。今回は特に歌とモノローグがかなり多く、会話部分が少ない構成だったので緊張感があった。当日パンフと一緒に歌詞カードが配布されていたので後で確認することはできたが、本場のミュージカルならきっちり聞こえるものなのだろうか。

2014/11/01-14:00
FUKAIPRODUCE羽衣「よるべナイター」
青山円形劇場/事前入金3500円
プロデュース:深井順子
作・音楽:糸井幸之介
演出:深井順子/糸井幸之介
出演:深井順子/日啓介/鯉和鮎美/高橋義和/澤田慎司/新部聖子/岡本陽介/伊藤昌子/西田夏奈子/キムユス/中林舞/福原冠/橋本淳/山のえみ/森下亮
続きを読む:スタッフリスト
posted by #10 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月25日

カムヰヤッセン「未開の議場」

mikainogijou.jpg

〜私たちは私たちの隣で生きているその人のことをよく知らない。〜

「怪物はどこだ。」
人が人よりも優位に立ちたい、っていう話をなんだかずっと書いてきたような気がしています。
思えばそういう競争の中にいた四半世紀でしたから、 そういう物語を書くことの環境的な条件は整っていた気もします。
で、僕はこの「人よりも優位でありたい」という欲は半ば本能だと思ってまして、 本能だからこそ、ちゃんと飼い慣らせば、どうとでも付き合える気がしています。
仰々しく言ってみましたが、普段そんなことばっかり考えているわけもなく、 言うて僕も割と博愛主義の善良な一市民だと思っています。真剣です。はいそこ笑わない。
ただ、ふとした瞬間にひょんなことでとんでもないことを口走ってしまうことがあって、 そういう時に、この本能の怪物っぷりを考えます。
ちっちゃいですが、確実にいます。

今回は、そういうものと闘うための演劇をやります。
ちょっとだけ枠を広げて、日本人、というところで語ってみようと思います。
13人、の、日本人たちの会議劇。劇場でお待ちしています。
(チラシより)

 昔から在日トメニア人が多く住んでいる町で、お祭りを開くことになる。会合に集まった人々はそれぞれの生活の中で様々な形でトメニア人と関わっている。トメニア人学校の先生、トメニア人が働く工場の経営者、トメニア人学生による万引きに悩まされているスーパーの店主、刺青のあるトメニア人とトラブルになった銭湯の経営者、ただ仲良くしてほしいと願っているカフェ店員、などなど。

 理解と交流を深めようと企画されたはずの祭だが、詳細を詰めるに従ってボロボロとほころびが出始め、次第にむき出しの感情がぶつかり合う。

 トメニアという国は架空(多分某映画から取られたもの)で、実在の在日外国人といえば最初にイメージされるのはコリアンだが、それ以外の国と思われるエピソードも多数取り入れて独特なトメニア像が構築されていた。トメニア語という言語を作って字幕まで出していたのはすごいが、キリル文字っぽかったので東欧系の言葉を使っていたのかもしれない。

 実際に起きた時事ネタを数多く織り込んでおり、それらをニュース等で聞いた時に自分がどう感じたかを思い出しながら議論に聞き入っていた。いや、議論と呼べるようなものではないだろう。あのカオスな状況は、議論下手と言われる日本人の典型的な会議の姿かもしれない。

 思うところは多々ある。実際にそういう町で暮らすことになったら自分はどういう態度を取るだろうか。綺麗事では済まないのだろう、恐らく。

 舞台両側のスクリーンに韓国語とトメニア語の字幕が映写されていたが、私の位置からではよく見えなかった。舞台上では日本語で会話しているのだから問題ないかと思っていたのだが、ラストで多分大事な会話がトメニア語でなされて日本語字幕となり、そこがほとんど読めなかったのが残念。あれはどういう内容だったのだろうか。

 カムヰヤッセンは気になりつつタイミングが合わずかなり見逃していたが、久々に観た本作はとても良かった。今後はなるべく見逃さないようにしたい。

2014/10/25-19:00
カムヰヤッセン「未開の議場」
王子小劇場/支援会員
脚本・演出 北川大輔
出演:小島明之/辻貴大/工藤さや/小林樹/ししどともこ/橋本博人/小角まや/宍泥美/島野温枝/杉原幸子/新名基浩/安藤理樹/小沢道成
続きを読む:スタッフリスト
posted by #10 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

iaku「流れんな」

nagarenna.jpg

貝毒の被害は甚大で、タイラギ(平貝)漁で栄えたこの港町も長くはないかもしれない。
当然、うちの小さな食堂「とまりぎ」も先行き不安だ。ネイルサロンにした方がマシだなんて話は、さすがにバカげてると思うんだけど。
重なるときは重なるもんで、先日、父親が重度の肝臓疾患で入院、店は休業状態に。
40歳を間近にして、畳み掛けてくるよう。

店で一人、思う。母親が生きてたら。子どもの頃、汲取式の便所を友人に見られるのが恥ずかしくて、ムリ言って洋式トイレに変えてもらったことがある。それがあんなことになるなんて。妹もずっと私を恨んでる。26年前の出来事が、今も私を滞留させる。この土地に、この店に。ああ、流れんな、私の記憶。
(チラシより)

 にっちもさっちもいかない田舎の話だ。土地に残る者と離れる者、いろんなしがらみがあって、すがりつくものが脆く崩れて、誰を責められるわけでもなく、誰から責められるわけでもなく、それでも、ハッピーになれない、田舎の話だ。

 悪者が誰も出てこないのにみんな不幸になる話はとても切ない。こういう話は関西の劇団の方が上手いように思う。しんみりと泣かされた。

2014/10/25-14:00
iaku「流れんな」
三鷹市芸術センター星のホール/当日清算2200円
作:横山拓也
演出:上田一軒
出演:峯素子/橋爪未萠里/緒方晋/酒井善史/北村守
続きを読む:スタッフリスト
posted by #10 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

悪い芝居「スーパーふぃクション」

su-pa-fikushon.jpg

理解されない男と誤解しかされない女が虚業の中だけで心と体を許しあい求めあう
人間の本質なんか炙り出るわけない“超物語”つまり“現実”のアレコレ───

究極の珍しさを求めて、誰からも理解も評価もされない行動をし続ける男・冠虚(カンムリウツロ)に、はじめて心奪われた女が現れる。
それは他人に誤解ばかりを与え続ける女・朝焼澱美(アサヤケヨドミ)だった。女の出現により、男の自我は崩れ堕ちゆくしかない。
圧倒的な言葉と、それを彩るビジュアル、そしてオリジナル音楽の生演奏で劇場を包み込む悪い芝居一年振りの本公演。
結成10年を翌年に控え、ここにひとつ、劇団の終焉を告げ、純演劇の限界に挑む。
芝居を観よう。芝居を観よう。どうせ観るなら『悪い芝居』を観よう。愛とかいう言葉じゃ足りない。
(チラシより)
 
 昔の悪い芝居に戻ったような感触があった。ここ数作の悪い芝居はテーマ性があって何かを伝えようとする意識が感じられたのに対し、今回はそういう姿勢自体を打ち壊そうとするものだったのではないだろうか。

 とはいえ、他人の作品をぶち壊すようなタブー破りを繰り返す主人公と彼が率いる集団は、山崎彬の心の叫びというわけではなく、計算されたキャラクターであることは間違いない。彼ももう、そんなにうぶじゃあるまい。

 その主人公の冠虚を演じた大塚宣幸は結構何度も観ているが、こんなに華のある役者とは思ってなかったので見なおした。ヒロインを演じた田中良子は初見の女優だが、大変な役をしっかり演じきっていて立派。本業は舞台女優よりテレビやモデルのようですので、舞台専門の女優はもっとがんばってほしい。

2014/10/25-13:00
悪い芝居「スーパーふぃクション」
赤坂レッドシアター/事前振込3500円
2014/07/05-19:30
作・演出:山崎彬
出演:池川貴清/植田順平/北岸淳生/畑中華香/山崎彬/渡邊りょう/田中良子/大塚宣幸 /Sun!!/辻井彰太 /中西柚貴/吉原小百合
続きを読む:スタッフリスト
posted by #10 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月19日

シベリア少女鉄道「ほのぼの村のなかよしマーチ」

nakayoshimurano.jpg

わくわく山のほのぼの村では、にんげんも、どうぶつたちも、やさいも、くだものもみんな友だち
ところがある日、村に大きなあらしがやってきたからさあたいへん
お空はたちまち荒れもよう、お庭のかきねもふきとばされて、こまったこまったむすめさんでも、みんななかよし、あの子が大すき、ゆうきのラッパをぱぱらぱら
たまにはけんかもするけれど、ちからをあわせてどうにかしよう
(チラシより)

 シベリア少女鉄道である。いつもながらのシベリア少女鉄道である。何を書いてもネタバレになりそうで何も書けないシベリア少女鉄道である。

 まあ、今回はある程度予想もついたよね。子供向け絵本のようにほのぼのした穏やかなおはなし‥‥なわけねーだろ! 絶対途中からぶち壊しにかかると思ってましたがあまりにストレートな壊れ方で逆に想定の範囲外だったわけですが。

 エンディングは演歌。もう、参りました。楽しかったです。ごめんなさい。ありがとうございました。

2014/10/19-12:00
シベリア少女鉄道「ほのぼの村のなかよしマーチ」
シアターブラッツ/当日精算3500円
脚本・演出:土屋亮一
出演:藤原幹雄/横溝茂雄/吉田友則/加藤雅人/浅見紘至/川田智美/小関えりか/岸茉莉/濱野ゆき子
続きを読む:スタッフリスト
posted by #10 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月18日

スプリングマン「どんまい、椿夫人」

donmaitsubakifujin.jpg

STORY:人生に意欲を失った青年は自分の最後の場所を決めるため、必要なものをバッグに詰め込んで旅にでた。東京のはずれにある山の中で、崖の上から下を覗き込んでいるときに、疲労からか不意に意識を失ってしまった。...目が覚めると、見知らぬ女性に肩を抱かれながら古ぼけた大きな民家へと招き入れられ、しばらくそこで療養することになった。たった一人で広い古民家に住む女性は自分の事を夫人と呼んでくれと頼み、沢山のことを青年に語りだす。そのうち二人は友達のような、親子のような。妙に不思議な関係を築いていく。この物語は、青年と夫人のたった数時間の対話の物語。
(サイトより)

 田舎の広い家に住む、人としてダメな女性の話。上記のあらすじを読むと穏やかな物語のようだが、実際はかなりコメディタッチだ。あと「たった数時間の対話の物語」とあるがそうでもなかった。途中から別れた元夫がやってくるし、後半は夫人が亡くなった後の家を片付ける場面となる。

 主役である夫人はちっとも落ち着きがなく、周りの人に迷惑をかけまくって生きている。前半は彼女に振り回される人々の物語でもある。だから後半で彼女がいなくなった時にはやっと静かになったと安堵するのだが、同時に不思議な喪失感に包まれる。こんなもので泣かされるのはしゃくにさわるが、ちょっと泣いておいた。

 決して重いわけではない個々のエピソードが折り重なって全体の空気を作り出す手法がよかったと思う。

2014/10/18-14:00
スプリングマン「どんまい、椿夫人」
TACCS1179/当日券3800円
脚本・演出:澁谷光平
出演:日南田顕久/あきやまかおる/イワゴウサトシ/波多野和俊/徳永愛/武藤啓太/苗村大祐/かなざわ陸/鵜殿麻由/川西ゆうこ/八代進一/矢治美由紀
続きを読む:スタッフリスト
posted by #10 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月11日

子供鉅人「逐電100W・ロード100Mile(ヴァージン)」

chikuden100W.jpg

反逆者・マクベスによって父王を殺害され、
自らの身の危険を察知した二人の王子は祖国を捨て、他国へと逐電する。

そこに待ち受けていたのは、マクベスを予言によって主殺しへと導いた三人の魔女。

次々と祖国の惨状の報がもたらされるなか、復習をそそのかす彼女たちに、
二人の王子は苦悩と野心を抱く。

やがて、祖国復興を誓い合った二人の王子までも王位継承を巡り、
骨肉相食む闘争を繰り広げることになるのだった。
(チラシより)

 まず会場に入ってすぐ舞台の使い方に驚かされる。舞台上に舞台と客席を全部おさめ、本来の客席は広々した空間としてそのまま残されている。この空間は作品中、海として扱われるのだが、かなり大胆な発想だし実行した度胸はすごいと思う。

 物語はマクベスを下敷きにしたと説明されているが、マクベス本人やその夫人より、逃げ出した二人の王子が中心となっている。現代風に翻案したというわけでもなく、時代や場所がよくわからない独特の世界観を構築していたと思う。

 子供鉅人と言えば大阪の谷六にあるポコペンという場所(長屋の一室)での上演が一番好きだが、東京に拠点を移したとのことで、あの部屋がどうなっているのか気になる。しかしこういう広々した劇場での公演でもちゃんと自分たちの色が出せていたのはとても嬉しい。

2014/10/11-19:00
子供鉅人「逐電100W・ロード100Mile(ヴァージン)」
あうるすぽっと/当日券3500円
脚本・演出:益山貴司
出演:益山寛司/益山貴司/キキ花香/影山徹/億なつき/ミネユキ/山西竜矢
続きを読む:スタッフリスト
posted by #10 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする