2023年12月03日

ルドルフ「その犀はひとり行く」

sonosaiwa.jpg

男は戦いたいわけでも人を殺したいわけでもなかった。ただ軍事貴族の家に生まれついたために、そうすることを運命づけられただけである。栄華を極める一門への反乱は日ごと勢いを増し、鎮圧戦に勝利するたび男の苦悩は深まっていく。何よりも男を苦しめるのは、あの時殺したはずの女の影であった。
(チラシより)

原案:平家物語
脚本・演出:筒井加寿子
出演:小谷俊輔/鳩川七海/二口大学/松岡咲子/F.ジャパン/豊島由香/勝二繁
posted by #10 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年11月26日

玉造小劇店「お祝い」

oiwai.jpg

昭和12年大阪北浜にある布団問屋の分家、岡崎商店。

店主は岡崎陽介(20 才)という若者である。性格 は生一本で真面目、経営者としては店主に成り立てという初々しさがある。 ある日、陽介の妹である晴香が学校で初潮を迎えたとの噂を、女中のお絹が聞きつけて来る。 お絹以外、男ばかりの店員たちは晴香の帰りをどう迎えるかで、てんてこ舞い。お絹の指示に従い、お赤飯 や紅白饅頭の準備に走り回っている。

そこへ陽介の従兄、本家の島村優平が、晴香が交通事故に遭って亡く なったと知らせに飛び込んでくる。

初潮になったことを男の子たちにからかわれ、不注意で道に飛び出したせいだった。それを知った陽介は、 生理への偏見を無くすため、布団屋をたたみ、生理用品の開発・販売、そして性教育の普及活動を手がける 会社を興す。知人という知人、全ての女性に生理のことを尋ねまわり、女装して女子便所に忍び込んで生理 用品を収集する陽介たちは「変人倶楽部」と言われながらも研究・開発を進めていくのだった。
(公式サイトより)

2023/11/25-18:00
玉造小劇店「お祝い」
中野ザ・ポケット/当日券4500円
脚本・演出:わかぎゑふ
出演:コング桑田/野田晋市/うえだひろし/長橋遼也/松井千尋/澤田紗菜/わかぎゑふ/植木歩生子/@fuko_gekigeki/江戸川じゅん兵/@edomanji/小池裕之/hkoike23/是常祐美/@Garam_M/中村なる美/@narumidayoon/ボブ・マーサム
posted by #10 at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年11月25日

立ツ鳥会議「トレマ」

torema.jpg

東京で不動産会社に勤める男はある日、幼馴染みと再会するが、どういうわけか彼が「本物の彼」だとは思えない……。事情を周りに説明するも要領を得ず、混乱を深めていく。一方の幼馴染みも、日を追うごとにその姿を変化させていく――。
(チラシより)

2023/11/25-13:00
立ツ鳥会議「トレマ」
中野スタジオあくとれ/全席自由3000円
脚本・演出:植松篤
出演:佐々木峻一/豊島祐貴/中村彩乃/田宮ヨシノリ/ぬまたぬまこ/七井悠
posted by #10 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年11月11日

トリコ・A「そして羽音、ひとつ」

sositehaotohitotu.jpg

とある老女。
彼女は周りの人間から、それぞれが見たい姿を勝手に投影され、彼女自身が顧みられることはない。
一方当人は、何もわからない風でいながらしたたかに生に執着している。
社会から見えない存在にされても、息をしなくてはならない、
なぜなら私は、生きているのだから・・・。
人生の最終章。認知症を患いながらも周りの人間との関わりの中で、
自分らしく生きることを選択する、老女の物語。
(チラシより)

2023/11/11-14:00
トリコ・A「そして羽音、ひとつ」
メニコンシアターAoi/全席指定4000円
作:山岡徳貴子
演出:山口茜
出演:佐々木ヤス子/武田暁/半田慈登/藤原大介/山本麻貴
posted by #10 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年11月05日

劇団ジャブジャブサーキット「ミッシングリンク」

missingurinku.jpg


2023/11/05-15:00
劇団ジャブジャブサーキット「ミッシングリンク 〜昔、サンタが座っていた場所〜」
七ツ寺共同スタジオ/当日券3500円
作・演出:はせひろいち
出演:栗木己義/荘加真美/空沢しんか/高橋ケンヂ/林優花/永田陽菜/風魔/キリタケ/所晴巳/ナカガワアツキ
posted by #10 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年10月29日

下鴨車窓「旅行者」

ryokousha.jpg

とにかく彼女たちは疲れていた

 知らない時代の遠い世界の話。大きな戦争があってその混乱がやっとおさまりそうな頃のこと。
 どこまでも広がる荒野の中を走る一本の線路。それを伝って歩く三人の女性がいる。彼女らは街を追放されて故郷を目指す、異邦人の姉妹だ。海を渡るためには亡き父が生前言ったように叔父(会ったことはない)の援助を受けなければならない。その叔父は荒野のただ中にある寂れた村に住むという。
 とにかく彼女たちは疲れていた。戦争の混乱を生き抜いてやっと落ち着いたと思ったら父を亡くし旅に出なければならなくなる。遠くにやっと村が見えてきた。三人は黙々とひたすらに歩いている。
(チラシより)

2023/10/29-14:00
下鴨車窓「旅行者」
脚本・演出:田辺剛
出演:今井美佐穂/田崎小春/坂井初音/山石未来/富名腰拓哉/森川稔/岡田菜見/大熊ねこ/三遊亭はらしょう
posted by #10 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年07月30日

劇団チョコレートケーキ「ブラウン管より愛を込めて」

buraunkanyori.jpg

1990年、バブル景気に沸く日本。
特撮ヒーローものを制作する会社の企画室。
20代30代の若手クリエイターを中心に
番組の脚本会議が行われている。
少年時代、特撮巨大ヒーローのシリーズに
熱中した経験のある彼らは、
自分たちの仕事が
所詮は過去の名作の焼き直しに過ぎないことに
忸怩たるもの感じながらも、
半ば先行の名作の後追いになるのは
仕方ないとあきらめている。
そこには、本来は大人向けの番組を
作りたいという屈折した思いもある。

そんな覇気のない会議の中で、
一人の脚本家があるシリーズで放送された
異色エピソードを話題にする……
(チラシより)

2023/07/30-13:00
劇団チョコレートケーキ「ブラウン管より愛を込めて -宇宙人と異邦人-」
メニコンシアターAoi/全席指定4000円
脚本:古川健
演出:日澤雄介
出演:浅井伸治/岡本篤/足立英/伊藤白馬/清水緑/青木柳葉魚/林竜三/緒方晋/橋本マナミ
posted by #10 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年07月02日

ハイバイ「再生」

saisei2023.jpg

全年齢・全生命体対象の「命のお祭り」再び!!
(チラシより)

2023/07/02-14:00
ハイバイ「再生」
三重県文化会館小ホール/整理番号付き自由席3000円
演出:岩井秀人
原案:多田淳之介
出演:日下七海/小宮海里/田中音江/つぐみ/徳永伸光/南川泰規/乗松薫/八木光太郎/山本直寛
posted by #10 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年06月03日

ロブ・カールトン「メイユール・ソワレ」

meiyu-rusoware.jpg

ロンドンの方で上演された
「男たちの番か?(原題:Men's Turn?)」。
日本人キャストによる
日本版が上演されている。

今日は昼と夜の二公演。
マチネが無事に幕を降ろし、
ソワレが幕を開けた。

おかしい。

聞こえてくるはずの台詞が聞こえてこない。
代わりに聞こえてきたのは
バウンダリーマイクすらも拾わぬ微かな寝息。
彼、本番中の舞台の上で寝ているじゃない。
(チラシより)

2023/06/03-17:00
ロブ・カールトン「メイユール・ソワレ」
ABCホール/全席指定4000円
作・演出:村角太洋
出演:村角ダイチ/満腹満/ボブ・マーサム/高阪勝之
posted by #10 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年05月04日

少年王者舘「夏の夜の夢」

natunoyonoyume.jpg

アテネ郊外の森では、妖精の王オーベロンと王女ティターニアがケンカの真っ最中。そこに運悪く訪れた四人の男女と職人たちが、妖精の魔法に翻弄されながら繰り広げるある夏の夜の物語。
(当日パンフより)

2023/05/04-19:00
少年王者舘「夏の夜の夢」
北文化小劇場/全席自由3000円
脚本・演出:天野天街
出演:飯塚勝之/今井美帆/後藤美智子/佐伯ピン子/坂井可南子/五月女桜子/田口田一大助/新部聖子/森春介/渡邊菜央/夕沈/山本亜手子/小林夢二/宮璃アリ/る/岩本苑子/篠田エイジ/月宵水
posted by #10 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月21日

「12人のおかしな大阪人」

12ninnookasina.jpg

12人の大阪人が、とある場所に集められた。
性別、年齢、職業、環境…全てがばらばらな12人が集められた理由は、ある一人の男性が亡くなった事件。
被告人は亡くなった男性と付き合っていた女性だった。
陪審員として集められた12人は、彼女が有罪か無罪かをめぐり、激しい議論を繰り広げる!
…はずが、大阪人のノリ全開の話し合いは、ボケとつっこみが飛び交い、マシンガントークが止まらない!
個性の強い陪審員たちは勝手に話し始め、話は脱線しまくり、脇道に逸れ続ける。
笑いっぱなしで時には涙あり?な12人の大阪人による審議は、果たして評決を導き出せるのだろうか…!?
2021年、26年ぶりに再演された異色作が、リクエストにお応えして三度目の上演。
さらに今回は28年ぶりに東京でも上演いたします!!お見逃しなく!!
(チラシより)

2023/01/21-16:00
「12人のおかしな大阪人2023」製作委員会「12人のおかしな大阪人」
松下IMPホール/全席指定6500円
企画・台本・演出:わかぎゑふ
脚本:東野ひろあき
出演:今江大地、うえだひろし/内山絢貴/大江雅子/大熊隆太郎/木内義一/古場町茉美/多和田任益/早川丈二/古川剛充/ボブ・マーサム/前田晃男/【日替わりゲスト】東野ひろあき・茂山宗彦・ドヰタイジ・桂九雀
posted by #10 at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする