2005年11月05日

タテヨコ企画「まつりのあとのまつり」

 三兄弟の次男の結婚式の夜、兄弟が久しぶりに実家へ集まった。すでに結婚している三男と、いつまでもフラフラしている長男。彼らの従姉妹と、長男の同居人女性。そして長男の不審な友人たちが現れて‥‥。日常的な光景と非日常的なエピソードが織り交ぜられつつ、時が流れていく。

 先日観劇した風琴工房「ゼロの柩」で主役の娘の先輩役を好演していた好宮温太郎が長男役で出演していたので観に行くことにした。ニューフェイス公演なので本来は別の役者が演じる予定だったのが変更になったようで本チラシには載っていなかったが、たまたま変更を知り得たので足を運ぶことが出来た。

 芸能花伝舎は廃校になった小学校を改装して文化施設としたもので、今回の会場も完全に「教室」だった。1階なので窓の外は校庭。その構造を生かして窓から人が出入りしたり、出ていった人がはるか向こうまで走って行くのが見えたりする演出も楽しかった。

 複雑な過去とすっきりしない現在を生きる長男を中心に、兄弟・夫婦・親戚・同居人・友人・仕事相手・昔の先輩といった様々な人間関係が混然とした集団が、慣れ合いと緊張の微妙なバランスを保ちながら物語が進む。

 長男のしている仕事は何だか怪しげではっきり言わなかったり兄弟の父親が失踪した理由だとか長男と同居人の関係とか色々なエピソードが現れるが、最後まで何かの結論がでることはない。ラストも特にクライマックスはなく穏やかに幕が引かれる。

 しかし好感の持てる舞台だった。明確な起承転結を示すのではなく、そこに流れている空気が心地よいタイプの芝居だったと思う。確かに心地よかった。

2005/11/5-19:00
タテヨコ企画「まつりのあとのまつり」
芸能花伝舎/ウェブ予約1800円
作・演出:横田修
出演:好宮温太郎/青木慎一/市橋朝子/服部健太郎/青木亜希子/舘智子/児玉敬子/佐藤真義/舘完


posted by #10 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。