2008年05月11日

baghdad cafe「虹と工場」

アタシ、ネジコ!ネジ拾いが仕事。今日も夢の工場で楽しく働いているの。
その工場はなんと夢をつくっているのよ!なんてすてきな工場!
でも、そこへまたアイツがやってきた…
アイツがいなきゃここは天国なのに。たとえ天使がいなくとも。
そのとき、「ニジコ」の隣でゲーム友達の女工がつぶやく。
「完全犯罪のやり方教えてあげよっか?」
工場で産まれた女の子と、工場で育った少女。二つの虹の物語。
(チラシより)

 恐らく、空想の世界と現実の世界が描かれていて、最終的には両者が融合する。そういう解釈で良いのだろうか? まったく別空間の話? その辺がやや消化不良気味。

 作品としては割と普通の小劇場演劇だろう。最近比較的変わった作品を観ていたので、ちょっと落ち着いた。ただ、これと言って特筆すべきものは見当たらなかった。

 強いて言えば工場のおばさん達の会話は異様に面白かった。あの勢いで3倍くらい続けていても飽きないですよ。それと、上原日呂は何をやらせても存在感がある。ありすぎるかも。

2008/05/11-17:00
baghdad cafe「虹と工場」
ロクソドンタブラック/当日券2000円
作・演出:泉寛介
出演:一瀬尚代/木下朋子/成瀬トモヒロ/高島奈々/長本玲奈/溝口裕子/ハシグチメグミ/新城アコ/上原日呂


posted by #10 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。