2008年03月15日

ミジンコターボ「不死身のゲドウ」

むかしむかし、高い山に囲まれた小さな国の物語。
そこでは、ゲドウという妖怪が人々を苦しめていた。
ゲドウは、自分を殺した者に乗り移ることで、不死身だった。
ある時、一人の巫女が自分にゲドウを乗り移らせて封じ込めた。

ゲドウを封印した巫女は、定められた日に雨を降らせる。
ある頃から彼女は夜中に城を抜け出すようになった。
その行き先は、深い深い森の中。
目指す場所には、名無しの山賊と仲間の妖怪たちがいた──

(チラシに書かれたあらすじらしきものは実際の内容とやや異なっているので、私なりにイントロ的なあらすじを書き起こしてみました)


 ミジンコターボ観劇は3回目。起承転結のパターンが読めてきたが、演劇としては正統派と言えるだろう。恋愛、冒険、友情、勇気、それらが巧みに盛り込まれてたエンターテイメント作品だ。前回は少し安直な印象を受ける所もあったが、今回はとてもよくできていた。

 ナナシ(片岡百萬両)のちょこまかっぷり、ホシマロ(永井悠造)のワルモノっぷり、ダイテン(小室千恵)のへべれけっぷり、ギン(中村真利亜)のひょろひょろっぷり辺りが好印象だった。他の役者もみな、ノリノリで楽しませてくれた。

 まだ第6回公演の割には衣装や舞台装置が非常に充実しており、よほどマネジメントが秀逸なのかなんらかの母体があるのかどちらかだと思われる。どちらにせよ、チケット代の倍くらいの価値ある観劇だった。

2008/03/15-19:00
ミジンコターボ「不死身のゲドウ」
一心寺シアター倶楽/当日券2800円
脚本:竜崎だいち
演出:片岡百萬両
出演:Sun!!/吉田貴弘/藍原こまき/宇野伸茂/後藤菜穂美/真心/川端優紀/土性正照/永井悠造/弘中恵莉菜/白野景子/片岡百萬両/中村真利亜/井田武志/小室千恵/竜崎だいち



posted by #10 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。