2008年02月24日

ONE WAY TRIP「天国のピース」

『出るんですよ‥ここ』
とある寂れた遊園地。
人影まばらな冬の日の物語。
誰も見向きもしない小さなお化け屋敷で、
供も繰り広げられる珍騒動。
「何か不安やな、ここはそのうち閉鎖されるんちゃうかな?」
「大丈夫、全てはうまく行くから。ウフフ…」
「ん、今のは誰だ?…もしかして!!」
ONE WAY TRIPの平成大阪人情喜劇。
今回は初のホラーに挑戦?
あ、でも、ほのぼのファニーなお化けの世界です。

天国のピースへようこそ…どろろ〜ん♪
(チラシより)

 遊園地のお化け屋敷のバックルームを舞台としたワンシチュエーション芝居。成長の過程で葛藤する若者とそれを取り巻く暖かい人々(と幽霊)の交流を描くハートフルコメディ‥‥という感じの作品。

 取り立ててどうということもない観後感だったが、丁寧に作っている印象は受けた。演出は全体に素朴な手法で、ベテランの演出家なら音響や照明をもっと効果的に使えそうな部分は目に付いたが、こういう内容ならあまり技巧的にならない方が良いのかもしれない。

2008/02/24-17:30
ONE WAY TRIP「天国のピース」
in→dependent theatre 1st/当日券2200円
作・演出:田中悟
出演:徳山佳孝/橋口季加/渡辺寿博/阿形ゆうべ/矢野梨沙/上地浩到/荒木道成/浦田克昭


posted by #10 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。