2008年02月23日

シアターシンクタンク万化「この荒野の物語」

地球に大きな戦争があって、ただ雨が降り、風が吹くだけの世界。
生き残ったのは女の子ただ一人。何もない荒野で彼女は自分そっくりのロボットと出会う。
二人は「どんなインチキをしてもアイツに振り向いてほしかった」
そうこれは 恋をしたお姫様と 恋をする魔女の物語。
地球上の全ての生き物を巻き込んだ戦争から数十年後。
生き残ったロボット達が、コールドスリープから目覚めさせたのは、一人の少女・ハルカ。
彼女の前に、自分そっくりな少女・イーヴァが現れた時、地球最後の「物語」が動き始める。
遠い約束、すれ違う想い、火花を散らす牙と刃。
万化の歴代動員数1位を誇る代表作、満を持して再び登場!!
(チラシより)

 前回の公演を観た時も書いたが、今回もやはり役者が楽しそうに演じているのが感じられ、観ていてワクワクした。特に今回は殺陣もある冒険活劇であり、勢いの良さは格別だった上、さらに少女マンガ的な恋愛描写もきちっと織り込まれていて、好みの作品だった。

 衣装や小道具も充実しており、絵になる舞台だった。ライトセーバーのような剣はどうやって作ったのだろう? なんとなく想像できるが、作るのも楽しそうだ。

 終幕後はアフタートークで主宰と劇場の人の他、役者の大沢めぐみと村井友美が登場。思いっきり素の状態でキョトンとしているのが何とも面白かった。

2008/02/23-14:00
シアターシンクタンク万化「この荒野の物語」
シアトリカル應典院/当日券2500円
原作:秋山瑞人
脚本:美浜源八
出演:坂野多美/有元はるか/村井友美/中島竜司/山下勝則/島功一/長谷川千幸/河口仁/大沢めぐみ/白木原一仁


posted by #10 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。