2008年02月16日

泉しずか&出口ルナ「片袖とピストル」

 坂本龍馬に関わる二人の女性、江戸の佐那子と京都のおりょう。史実においては彼女たちが出会ったことはないが、もし出会っていたらどんな会話が為されたか? そんな空想にもとづくファンタジーな二人芝居。タイトルにある二つの品は、二人がそれぞれ龍馬からもらった“形見”であり、重要な立場にある龍馬本人は出てこない。

 1時間足らずの短い芝居の後、なぜか音響と照明のスタッフを交えてトークがあり、さらに二人が一曲歌って終わるという一風変わった舞台でした。

 二人芝居というのは位置付けが微妙だと思います。一人芝居であれば特殊な構成として許容される面がありますが、二人だと一応“普通の”芝居に属するため、かえって制約が多くなるのではないでしょうか。とはいえ泉しずか&出口ルナはこれまでも二人芝居の経験を重ねてきたようで、上手にこなしていた。

 時間が短かったこともあって、なんだか演劇というよりは“ショータイム”を観たような印象をうけました。それはそれで楽しかったのですが。

2008/02/16-19:00
泉しずか&出口ルナ二人芝居「片袖とピストル」
in→dependent theatre 1st/当日券2500円
脚本・演出:阪本成紀
出演:泉しずか/出口ルナ


posted by #10 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。