2007年07月15日

芝居流通センターデス電所「輪廻は斬りつける(再)」

 女子高生失踪事件を追う刑事たちとか、何かを作っているふりをし続けている工場とか、人の来世が見える少年とプロデューサーとか、ネタが破綻している漫才コンビとか、その他諸々のキャラクター達が繰り広げる不条理ナンセンス空間。とか書けば大体合ってるかと。基本的に、ストーリーを説明することがほとんど意味を持たないタイプのエンターテイメント舞台。

 デス電所については、作演出を務める竹内佑が外部活動したNGKプロデュース「彼女が愛した百鬼夜行」を観劇したことがあるものの、デス電所そのものの公演は今回初めて。「彼女が・・」以上にストーリー性のない混沌とした舞台だった。もちろんそれが彼の作風であり、何も考えずに楽しめるショーとして秀逸なものだったと思う。

 エログロな要素をかなり多く含んだ作品をこの規模の会場で上演できるというのも、実力を示すことだろう。まあ、HEP HALL自体が前衛的な作品にかなり寛容な会場というのも一因だろうけれど。

 ただ難を言えば、歌とダンスはもう少しレベルアップの余地がある。「彼女が・・」の時にも同じような印象を受けたが、竹内氏はその点にあまりこだわりがないのだろうか? 下手をすればふざけた印象を与えてしまいかねない作風だけに、そういう技術的な部分はきっちり押さえてほしい。

 とは言っても全体として非常に楽しめた。小劇場を知らない友達を最初に誘う作品としては有力候補だと思う。

2007/07/15-18:00
芝居流通センターデス電所「輪廻は斬りつける(再)」
HEP HALL/当日券3000円
作・演出:竹内佑
出演:豊田真吾/山村涼子/田嶋杏子/丸山英彦/福田靖久/松下隆/米田晋平/竹内佑/北村守/岡部尚子/ごまのはえ/紙本明子/根田あつひろ
音楽・演奏:和田俊輔


posted by #10 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック