2005年07月03日

Ele-C@「[kaleidoscope]」

 女流小説家の響(ヒビキ)とその友人であるダンサーの奏(カナデ)、出版社の編集部員で響のインタビューをした唱(トナエ)。彼女たちの、実ったり実らなかったり失われたりした恋の物語。そして並行して描かれるファンタジー世界で、彼らは願いをかなえる伝説の物語を目指して旅をする。

 とにかく恋愛に終始するコテコテの少女マンガ的な芝居。描かれる恋はどれも多くの困難やすれ違いを抱える切ないストーリーですが、多くの女の子はそんな恋の経験を重ねていくことを理想としているように見受けられます。

 しかしこういう作品に出てくる男のセリフって、実在する男が口にすることってあるのでしょうか。あまりに自分の住んでる世界から遠くてリアリティを感じないんですが、これは私の方に問題があるのかもしれません。

 演出はキレイでした。床と天井に4台ずつ設置された可動式のライトが効果的に駆動し、照明というより光学演出として機能していました。最近はプロジェクターによる映像投影を使う所が多くなっており、演劇の舞台としてはちょっと反則気味な印象を持っているのですが、こういう手法は面白いと思います。

2005/07/2-18:00
Ele-C@「[kaleidoscope]」
王子小劇場/当日券2700円
作・演出:ハガジュンコ
出演:森律子/春日和弘/加藤敦/齋藤了介/坂野直也/村上勇斗/黒川深雪/小名木俊亮/三瓶大介/芳賀淳子


posted by #10 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック