2005年06月04日

冗談会議「おとなのオマケ」

 別れた彼女を探す少年、それを手伝う少女、タレント事務所のチーフと事務員、カメラマン志望の男、ジプシー風な女‥‥。少しだけ絡み合いつつすれ違う人々の群像。かな。

 基本となるストーリーが見当たらず断片的なエピソードの積み重ねになっているため、粗筋は説明しづらい。また、エピソード同士の関連もあるようなないような、全体像のとらえにくい構成だった。

 個人的には、前説のコントが一番面白かった。

2005/06/04-19:30
冗談会議「おとなのオマケ」
「劇」小劇場/当日券2700円
作・演出:校倉元
出演:山口花梨/キムラマナコ/内山一寿/校倉元/藤井達也/石川響子/大重弥


posted by #10 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。