2007年04月28日

IQ5000「SCRAMBLE Egg.」

等身小から等身大をへて宇宙へ。
現実の矛盾に気付いた彼女達は
果たして逃げるのか?生きるのか?
(チラシより)

 とある養鶏場のニワトリ達の間には、かつてゲージを抜け出して外の世界へ飛び立ったニワトリがいた、という伝説が伝わっていた。そこにある時やってくる新入りのニワトリを中心に、騒動が起きる。

 全編を通じて養鶏場の中なので、飼育員役の二人以外は全員がニワトリの役。皆似たような白い衣装の上にけっこう登場人物が多いのでやや舞台が煩くなった印象もあるが、キャラクター設定がきちんとできていたため混乱することはなかった。

 めまぐるしく動く群舞もこのくらいの数になると迫力があるので、一長一短か。後半のクライマックスは混乱状態になりながら主人公を応援するニワトリ達の興奮が波状攻撃のように伝わってきた。

 前説で腹筋善之介が演じたネズミと囚人の一人芝居がとても面白かった。

2007/04/28-19:30
IQ5000「SCRAMBLE Egg.」
-IST[イスト]零番舘/当日券3200円
作・演出:腹筋善之介
出演:朝田博之/本渡綾佳/能登寛子/マット前転/坂本泰久/木村拓也/みやむらゆみこ/渡部愛/べっち。/アフリカン寺越/腹筋善之介/久保田寛子/佐治彩子/沢元/俊広/五十嵐聡子/鈴木誠



posted by #10 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。