2015年03月08日

オパンポン創造社「オパンポン★ナイトvol.3〜曖昧模糊〜」

opanponnaito3.jpg

気づいた時にはもう遅い、この言葉だけで僕の人生は語りきれる。
(チラシより)

 主に大阪で活動するオパンポン創造社。主催で脚本と演出を務める野村有志は限りなく全裸に近い半裸のスタイルが定番になっており、ビジュアル的には完全にふざけた下ネタ団体にしか見えない。正直あまり好みのスタイルではないと思っていたため、王子小劇場で公演(私は支援会員なので無料で観られる)と聞いても食指が動きませんでした。

 が、直前に縁があって(ありていに言うと西川さやかにTwitterで誘われたので)足を運んでみたところ、意外にちゃんとした芝居になっていたので驚いた。冒頭から殿村ゆたかが快調に飛ばす。ダメなおっさんを演じさせたらピカイチだろう。短編4つかと思ったら実は全体で繋がっているなど、構成もきっちり作り込まれていた。

 東京にも同じような作風の劇団があるだろうと思うが、しかし挙げてみようとしてもあまり出てこない。大阪風の笑いというよりオリジナルな作風と言っていいだろう。なかなかメジャーにはなりにくいだろうが、ぜひ今後も頑張ってほしいと思う。

2015/03/08-13:00
オパンポン創造社「オパンポン☆ナイト vol.3 曖昧模糊」
王子小劇場/当日精算3000円
脚本・演出:野村有志
出演:野村有志/池下敦子/浅雛拓/西川さやか/ジョニー大塚/殿村ゆたか
音響:須川忠俊
照明:根来直義
舞台監督:新井和幸
劇中映像:小原健司
チラシデザイン:勝山修平
制作協力:若旦那家康/吉田千尋/浅倉良徳
全創造:オパンポン創造社


posted by #10 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。