2015年02月28日

MONO「ぶた草の庭」

butakusanoniwa.jpg

みんなもうすぐ死んじゃうね。
人は希望を抱くから苦しむの?
絶望の中、それえもこれは喜劇なのだ。
(チラシより)

※タイトルとチラシのコピーだけでは内容がほとんどわからないため、以下はネタばれに相当するかもしれません。ただ状況のほとんどは序盤で明らかになります。

 とある伝染病の患者が隔離されている島。有効な治療法はまだない。患者は島から出られず、定期的に物資を届けに来る係員とガラス越しに会話することが外界との唯一の接点となっている。患者は体のどこかに赤い斑点があり、それが紫や黒に変わると死ぬらしい。ある日、島に新しい患者が連れられてくる…

 不治の病への感染、突然奪われる幸福、無責任な政府の対応、世間の差別や恐怖心との戦いなど、描かれている情景はひたすら悲しく理不尽でつらいことばかりだ。しかしそれを喜劇にしてしまえるのだから、MONOと土田英生の手腕は素晴らしい。小気味良い会話劇を通じて、言うべきことと言わなくていいこと、受け入れるしかないことと受け入れてはいけないことなどが丁寧に描かれる。

 近年もハンセン病患者への差別が問題になったことを思うと、実際にこういう病気が発生したらやはりここで描かれたようなことは起こるだろう。エボラやSAASが流行したことも記憶に新しく、決して他人事ではない。また、病気だけでなく移民への差別も表現されており、これもリアルな印象だ。

 とはいえ、実際の出来事との単純な対応は注意深く避けられており、露骨に“社会派”な作品ではない。極めてリアルな感触だが純粋にフィクションで、このあたりのバランス感覚も優れていると思う。

 ゲラゲラ笑えるような話ではないが、「それでもこれは喜劇なのだ」。

2015/02/28-15:00
MONO「ぶた草の庭」
ザ・スズナリ/事前入金4200円
作・演出:土田英生
出演:水沼健/奥村泰彦/尾方宣久/金替康博/土田英生/山本麻貴/もたい陽子/高阪勝之/高橋明日香/松原由希子
舞台美術:柴田隆弘
照明:吉本有輝子
音響:堂岡俊弘
衣裳:大野知英:
演出助手:磯村令子
舞台監督:青野守浩
イラスト:川崎タカオ
宣伝美術・宣伝写真:西山英和/大塚美枝
WEB製作:間屋口克
制作:垣脇純子/本郷麻衣/小山佳織/谷口静栄


posted by #10 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。