2015年01月24日

劇団あおきりみかん「身辺生理」

sinpenseiri.jpg

 −僕、あることを確かめたくて、身辺「生」理してるんです。

峰岸は、30代の男だ。
峰岸は、身辺整理を始めた。
思い出の品を捨て、彼女とも別れ、
遺影用のすてきな写真を用意した。
日記も、書いた先から破り捨てている。
病気もなく、至って健康である彼は、
何故、こんなことをしているのか。
「人間は、生まれた時から死ぬために生きている」
そう言い残して死んでしまった、
親しい友人の面影を求めて。
(チラシより)

 あらすじだけ読むとなんだか暗いシリアスな話のようだが、あおきりみかんの作品でそんなわけがなく、ハートフルな物語だ。主人公とその友人に何があったのか、彼が何を思って身辺整理をしているのか。謎めいたエピソードがにぎやかにコミカルに語られ、少しずつ真相が明らかになっていく。

 持ち物を容赦なく捨てていく主人公の部屋が舞台になるが、片付け中で散らかった場面ときれいに整理された回想シーンの転換が秀逸だった。普通なら暗転して切り替えるところだが、ダンスを交えて巧みに片付け、そして散らしていく。あおきりみかんは昔からあまり暗転を使わなかったと思うが、こういうスタイルはもっと普及してもいいのではないかと思う。

2015/01/24-19:00
あおきりみかん「身辺生理」
シアターグリーン BOX in BOX THEATER/当日精算2800円
作・演出:鹿目由紀
出演:松井真人/山中崇敬/カズ祥/花村広大/篠原タイヨヲ/ギャバ/川本麻里那/近藤絵理/真崎鈴子
スタッフ:中元志津 /正手道隆/登澤良平/松井純子/木下佑一郎/フタヲカルリ/平林ももこ/山口眞梨


posted by #10 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。