2015年01月10日

南河内万歳一座「ジャングル」

janguru-2015.jpg


 得体の知れない生き物がうごめくジャングルの中にある小さな小屋。サプライズ登場する予定の花嫁とその家族と司会者、不動産屋を探す女優志望の娘、カニを食べに行きたい家族、ジョギング中の娘、修学旅行生とガイド、実演販売スタッフ、タクシー運転手、などが入れ代わり立ち代わり現れるが、この場所の正体は一向につかめない。花婿はどこにいるのか、本当にいるのか?

 どこにもあらすじらしきものが書いてないので事前情報ゼロの状態で観に行きましたが、だいたい上記のような話。結局真相解明的なものは何もなく、いわゆるナンセンス不条理系のお話でした。

 南河内万歳一座は以前「ラブレター」という作品を観ていますが、たしかこれもちょっとファンタジー気味な世界観のドタバタ劇でした。劇団名やチラシデザインからするともっと下町人情風な作品をイメージしますが、そうでもないようです。

 物語は正直意味不明ですが、要所要所の勢いはとても熱く、楽しめる作品となっていました。

2015/01/10-15:00
南河内万歳一座「ジャングル」
ザ・スズナリ/当日精算3500円
作・演出:内藤裕敬
出演:河野洋一郎/鴨鈴女/ 藤田辰也/荒谷清水/三浦隆志 /木村基秀/福重友 /皆川あゆみ/鈴村貴彦/松浦絵里/谷奥弘貢/内藤裕敬/小池裕之/吉井希/和田亞弓/ことえ/駒野侃/村上陸/本木香吏
舞台監督:永易健介
美術:加藤登美子
照明:皿袋誠路
音響:堤野雅嗣
音楽・作曲:藤田辰也
小道具:手嶋綾乃
衣装:倉重みゆき
美術助手:三浦綾子
宣伝美術:長谷川義史
専属トレーナー:針・骨接ぎ野本


posted by #10 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。