2014年11月30日

突劇金魚「漏れて100年」

morete100nen.jpg

数少ない人間と出会い、
別れ、生きて、死んでいく、
100年間のちょっと孤独な物語。
(チラシより)

 2012年に悪い芝居の山崎彬の演出で上演し、第57回岸田國士戯曲賞最終候補となった作品(残念ながら受賞は逃した)。今回は作者のサリngROCK自身が演出し、かつ東京公演では出演もする形で持ってきた。

 難しい話だ。時代背景も土地もわからない、いつかのどこかの物語。突然変異した青鬼みたいな生き物が出てきたり、タイトルや内容からなんとなく放射能漏れで汚染された世界の話のようにも解釈できるが、どうもそう単純なことではないようだ。

 主人公のサチが街から漏れて100年の話だとすると、その間に街はどうなったのだろうか。仙人の正体は何だろうか。考えてもわからないが、ただ希望と絶望と受容が入り混じった、やけっぱちに前向きな印象だけが残った。

2014/11/30-14:00
突劇金魚「漏れて100年」
こまばアゴラ劇場/当日精算3000円
作・演出:サリngROCK
出演:山田まさゆき/サリngROCK/埜本幸良/緒方晋
舞台監督:今井康平
舞台美術:サカイヒロト
照明:大塚雅史
音響:児島塁
衣裳:植田昇明
演出助手:伊藤由樹/玉澤千歩/今田翔太
劇団制作・WEBデザイン:倉本真見
公演制作:若旦那家康
フライヤーデザイン:チャーハン・ラモーン


posted by #10 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。