2013年11月24日

てがみ座「地を渡る舟」

chiwowatarufune.jpg

それは、文字による方舟。
昭和20年春、来るべき本土決戦が声高に叫ばれる街にひとりの男がいた。
男は敗戦の日を正確に予期し、各地の農家を訪ね歩いていた。
この国の命運が尽きるまであと4ヶ月。
「その日」を迎えた暁には、ただちに日本を立て直すために。
旅する民俗学者 宮本常一。瀬戸内海の島で生まれた彼は日本列島を隅々まで歩き抜き、
人々の営みをありのまま見つめ、文字にはならずに受け継がれてきた言葉に耳を澄ませた。
生涯約16万キロ、およそ四千日に及ぶその旅を支援したのは、
戦時下に日銀総裁を務めた渋沢敬三だった。
昭和初期、渋沢敬三が私財を投じて自宅の敷地内に創った民俗学研究所『屋根裏の博物館(アチック・ミューゼアム)』
そこには多くの研究者たちが集い、それぞれのやり方でこの国を描き留めようと力を尽くした。
けれど、真摯な情熱は、戦時下へ墜ちゆく中で、翻弄され飲み込まれていく……。
宮本常一、渋沢敬三。そしてアチック・ミューゼアムをモデルに描く、若き民俗学者たちの葛藤。
記憶されたものだけが記録にとどめられる。そして今、方舟の行方は。
(チラシより)

 民俗学の大家である宮本常一の伝記的な舞台。恥ずかしながら彼の名を知りませんでしたが、それでも作品として十分楽しめるものでした。また、てがみ座の舞台を観るのも初めてですが、舞台装置の質感が高く、演出も全体に品位を感じるものでした。

2013/11/24-14:00
てがみ座「地を渡る舟」
東京芸術劇場シアターウエスト/当日精算4000円
脚本:長田育恵
演出:扇田拓也
出演:福田温子/今泉舞/箱田暁史/石村みか/古河耕史/近藤フク/生津徹/多根周作/七味まゆ味/松角洋平/原扶貴子/中村シユン/青山勝
舞台監督:杣谷昌洋/松澤紀昭
舞台美術:杉山至+鴉屋
音響:笠木健司
音協協力:Miya
照明:シバタユキエ/木藤歩
衣裳:阿部美千代
演出助手:谷村聡一
宣伝美術:山下浩介
撮影:伊藤雅章
録画:彩高堂「西池袋映像」
手紙:右近金魚
WEB:NORICO
制作:藤田晶久
制作助手:萩谷早枝子
広報:MAICO.
制作協力:小野和佳子


posted by #10 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。