2013年11月09日

ぬいぐるみハンター「地球の軌道をグイッと」

chikyuunokidouwo.jpg

地球をグイッと押し上げてみたら、ダンゴムシみたいな現実と目が合った。

都心の地下にひっそりと拠点を構える謎の会社。
そこでは日夜社員たちが世界を震撼させる新プロジェクトを進めていたが、いまだに日の目をみたことはない。なぜならこの会社、
社長も部長も課長も係長も平社員も窓際社員も派遣もバイトも社長夫人も社長秘書も
どいつもこいつもバカと間抜けと変態と末っ子と甘党と寂しがり屋さんなのだ。
世界を驚かせるために繰り広げられる企業努力に明日はあるのか。(あるわけないか。)
(チラシより)

 神戸アキコ演じる天才少女(少年?)が学校のクラブから起業して会社を大きくしていくが、その先には壮大な目的がある。しかし独善的な彼女についていけない仲間たちとの距離は広がっていく。

 いつもガチャガチャ派手でかわいい賑やかな芝居の多いぬいぐるみハンターですが、今回はずいぶん思い切って方向転換した印象。これまでは温かい仲間や信頼関係を描いた作品が多かった印象ですが、今回はむしろ仲間でいられなくなる人間関係が全面に押しだされた展開でした。

 また、考えてみればこれまでも社会問題のようなテーマを取り入れつつ堅苦しさは一切ない作風でしたが、今回はその点でも挑戦的。客演を入れず劇団員だけの出演にしたのも何か思い入れがあったのかもしれません。ただ個人的にはこの劇団に求めるのはこういうのじゃないな、とも思いました。

2013/11/09-18:30
ぬいぐるみハンター「地球の軌道をグイッと」
小劇場楽園/当日精算2500円
脚本・演出:池亀三太
出演:神戸アキコ/浅利ねこ/猪股和磨/竹田有希子/梅本幸希/森崎健吾/土田香織/富田庸平/羊田彩佳
舞台監督:本郷剛史
照明:山内祐太
音響:角田里枝
宣伝美術:梅本幸希
フライヤー写真:[表・裏:池亀三太]/[中面:井上千裕]
制作:ぬいぐるみハンター制作部[田村浩子/本橋歩]/mono.TONE
制作協力:会沢ナオト
演出助手:永田佑衣/相浦いりす
衣装:横内なつみ/藤井美沙
WEB:平舘宏大
企画協力:嶌津信勝
協力:krei inc.
企画・製作:ぬいぐるみハンター


posted by #10 at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。