2014年05月05日

レティクル東京座「常夜ノ國ノ★アリス」

tokoyonokuninoarisu.jpg

時は大征(たいせい)、大日本帝國。
没落華族の令嬢・五菱(いつびし)アリスはお家復興のため、
今をときめく大華族・九条(くじょう)家の花嫁となる。
が、それは表の顔。五菱の真の姿は、皇太子殿下に仕える暗殺者なのであった!
アリスに課せられた任務は、皇位継承の転覆を謀る美しく気高い九条家当主・「女王」と名高き夫となる九条ルイを殺すこと。
ましろき衣の皇太子殿下に手をひかれ飛び込んだ、絢爛豪華な社交世界には魔物が潜む!

和製ゴシックインフェルノ×原案★ルイス=キャロル『不思議の国のアリス』
(チラシより)

 皇位継承を巡る争いに巻き込まれた若者の話。こういう話では西洋風の演出になりがちだが大日本帝国で天皇と言ってるのは珍しい。帝国歌劇団とかそんなイメージかな?多分作者がそういうの好きなんだろうと思われる。

 学生劇団にありがちな装飾過剰な爆音系演劇で、マンガやアニメのネタを盛り込んでかなりハイコンテクストな印象もあった。多分、かなりの割合で元ネタを知らない。ジョジョネタくらいはわかるけど、最近のマンガとかアニメから持ってきたネタなら全然気付けない。

 ゴス調とか帝国風とか耽美的とかいろんな形容詞が浮かんでくるが、なんか疲れた。客層も若くて活気にあふれているが、おじさんにはちょっとね。

2014/05/05-19:30
レティクル東京座「常夜ノ國ノ★アリス」
王子小劇場/当日精算2500円
脚本・演出:赤星ユウ
出演:青海アキ/やないさき/船越絵雅/山本沙和/古俣晨/吉澤清貴/田中直人/中井萌/山田勇亮/吉野瑠奈/篠原正明/松浦智美/沈ゆうこ/庄條龍馬/コウコウサイ/秋元来方/寿里/藤波想平/万葉蜜子/中村藍/よしよしこ/東侃輝/MeR/寺尾みなみ/星秀美
舞台監督:黒澤多生
舞台監督補佐:黒太剛亮
舞台美術:伊藤健太
照明:黒太剛亮
照明補佐:松林茜
音響:久郷清
小道具:松谷香穂
衣裳:杉澤香織
衣裳補佐:馬場つかさ/ さとうみさき
メイク:仲村三歩
振付師:山部奈津美
演出助手:松岡洋佑
制作:team H3
制作協力:松村瀬里香
当日運営協力:井村万里子/樫村健人/土橋奈緒/福森柚/升野紗綾香/山口貴生/吉岡幸熙/若林小夜
宣伝美術:赤星ユウ
企画/製作:レティクル東京座


posted by #10 at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック