2005年05月13日

劇団B級遊撃隊「破滅への二時間、又は私達は如何にして『博士の異常な愛情』を愛するようになったか」

 日本近海を潜航中の米軍原子力潜水艦の艦長が、突如北朝鮮に宣戦布告した。金正日はこれを米国による布告とみなし、報復のミサイルを日本に向けて発射しようとする。ブッシュ大統領から連絡を受けた小泉首相たちがあたふたしているうちにミサイルが日本に着弾する。
 一方その頃、国際政治オタクのゲームクリエイター杉村は、自作のゲームを売込むべくプレゼン会場に押しかけ、その中身を説明しはじめる。それは戦争を回避するために日本の行く末を選ぶゲームだった‥‥

 「博士の異常な愛情」という映画に触発された舞台。この映画は私のお気に入りのひとつで、映画館でリバイバル上映されたのを見たし、ビデオも持っている。初めて観た時の衝撃は今も覚えている。エンドロールが終わってもしばらく立ち上がれなかったものだ。

 しかし今回の舞台にはあの映画以上に圧倒された。米ソ対立という遠い世界を描いた映画と日本の現在を扱った芝居の違いという点が大きいだろうが、じわじわと何かを突きつけられる感覚があった。

 気の触れた米軍将校が勝手に戦争を始め、政治家は必死でそれを止めようとする構図は映画と同じだ。しかしこの舞台ではもうひとつ、ゲームという要素が加わる。プレイヤーが政治的な判断を下して日本の将来を決めるというゲームの描写が、次第に現実の政治家たちと混ざり合い、プログラマーの手を離れて暴走する。

 ゲームの場面では、極端に左寄りの道と極端に右寄りの道がいずれも滑稽に演じられる。ぼんやり観ていると政治的メッセージ性の強い作品と勘違いしかねない。しかしこの作品が伝えようとしているのは政治ではなく社会、あるいは個人の意識の問題だ。どちらを選択するかではなく、選択するとはどういうことかを問いかけてくる。

 そのテーマを象徴するように、舞台装置はドア。たくさんのドア。すごくたくさんのドア。開くドアを決めるには覚悟が必要だが、覚悟がなくてもドアは開けなくてはならない。私は選べるだろうか? 選ばなければならない日は、いつ来るのだろうか?

2005/05/13-19:00
劇団B級遊撃隊「破滅への二時間、又は私達は如何にして『博士の異常な愛情』を愛するようになったか」
愛知県芸術劇場小ホール/当日券3000円
作:佃典彦
演出:神谷尚吾
出演:向原パール/山口未知/山積かだい/斉藤やよい/加藤裕子/佃典彦/池野和典/神谷尚吾/徳留久佳/江副公二
posted by #10 at 23:00| Comment(1) | TrackBack(1) | 名古屋観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何かを選択する度にどんどん話が転がっていって、選択することの怖さを静かに感じさせる芝居でしたね。

ドアが象徴してるってのは気が付きませんでした。言われてみればその通りで、あ〜なるほど!って思いました。流石です。
Posted by しおこんぶ at 2005年05月22日 00:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

B級遊撃隊『破滅への二時間、又は私達は如何にして「博士の異常な愛情」を愛するようになったか』
Excerpt:  名古屋を拠点に活動しているB級遊撃隊の公演『破滅への二時間、又は私達は如何にして「博士の異常な愛情」を愛するようになったか』 が愛知県芸術劇場小ホールで開かれました(5月13日-15日)。タイトルは..
Weblog: Wonderland
Tracked: 2005-05-31 15:40
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。