2013年06月08日

桃尻犬「キャンベラに哭く」

kyanberaninaku.jpg

鳥に憑かれた女子高生と、昔好かれていた女を殺した教師と、殺された女の妹とそれらの家族。また、同級生。ジャージに射精する兄と、ブルマを集める用務員の、青性春倒錯群像劇!
(チラシより)

 桃尻犬を観るのは三回目。そろそろ慣れてきたものの、そのぶっとんだ世界にはゾクゾクさせられる。芝居を観るというより表現を浴びる体験だ。

 作・演出を務める劇団主催の野田慈伸は、見た目ちょっと怖い感じなので声をかけられないが、もし話す機会があったら一体どんな風に物語が出てくるのか聞いてみたい。変態っぽいエログロな描写が多々あるのだが、観客を意識して作っているのではなく、あくまでも作者の素の感性が脚本から舞台へ漏れ出して客席まで溢れてくるような印象を受けるのだ。

 そして、あの世界をどうやって役者に伝え、役者はどう受け止めて体現するのか聞いてみたい。いつもならそういう舞台裏は気にしないのだが、彼の作品では気になってしまう。

 前々回の公演で初めて見てお気に入りになった女優の堂本佳代さんは(過去2回とは全然違うけど)これまた良い味出していました。観る度にまったく違う印象を受けるので、優れた役者なのだと思います。

2013/06/08-14:00
桃尻犬「キャンベラに哭く」
王子小劇場/劇場支援会員
作・演出:野田慈伸
出演:糸山和則/菊川朝子/津和野諒/堂本佳世/長井短/成瀬正太郎/野沢ハモン/日高ボブ美/森崎健吾/力徳朋/渡邉晋/野田慈伸
舞台監督:宮田公一
舞台美術:鎌田朋子
照明:山内祐太
音響:阿久津未歩
宣伝美術:NiNi
制作:桃尻犬
制作協力:武藤香織/藤井良一
フライヤーモデル:長井短
フライヤーヘアメイク:稲垣佳恵


posted by #10 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック