2013年06月01日

ハイバイ「て」

te.jpg


 ある家族の物語。4人の兄弟姉妹、暴力をふるっていた父、うろたえる母、ぼけてしまった祖母。祖母が間も無く亡くなるという時に、離れ離れになっていた家族が集まる。和気あいあいとした家族を演出しようとする長女、そんなものを意に介さない長男、その兄の言動に怒る次男、馴染みたいとも思えない次女‥‥。

 家族の物語ってのは“いい話”が多いが、さすがにハイバイはそんな優しい物語は作らない。この家族は父親のDVという暗い過去があり、兄弟姉妹の間でもわだかまりが残っている。つまり家族の心は全然ひとつになんかなっていなくて、幸せとは程遠いようにも見える。

 でも物語が進むにつれて、それぞれの登場人物が何を思ってどんなつもりでそんなことをしていたのかがわかってくる。一筋縄ではいかなくて、嫌な奴だと思っていた人物が後からとても愛しくなったりする。芝居の演出だが、しかし現実にもよくあることだろう。

 作者がこの作品で描こうとしたのは何だろうか。壊れた家族でもやっぱり家族っていいね、だろうか。それとも、家族と言ってもダメな時はダメだね、だろうか。あるいは単に面白いネタとして使っただけだろうか。ちょっと心地よい暗さに浸りながら、その辺がちょっと気になりました。

2013/06/01-18:00
ハイバイ「て」
東京芸術劇場シアターイースト/ローソンチケット3405円
作・演出:岩井秀人
出演:岩井秀人/上田遥/永井若葉/平原テツ/青野竜平/奥田洋平/佐久間麻由/高橋周平/富川一人/用松亮/小熊ヒデジ/猪股俊明
舞台監督:谷澤拓巳
舞台美術:秋山光洋
照明:松本大介
照明操作:和田東史子
音響:高橋真衣
衣装:小松陽佳留
記録・宣伝写真:曳野若菜
WEB:斎藤拓
宣伝美術:土谷朋子
票券:富永直子
制作:三好佐智子/坂田厚子/藤木やよい/西村和晃


posted by #10 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック