2007年02月17日

劇団鹿殺し「僕を愛ちて。」☆

考えてみれば、生まれてこのかた僕は
このことばかりにこだわっている気がするのだ。
(チラシより)

 鶴が名物の田舎町。その沼で母を亡くした兄弟の、兄は小屋を建てて暮らしている。そこに謎の女性が現れて共同生活を始める。弟はバンドを組んでメジャーを目指す。父は家にいる。

 東京で観劇していた頃から名前は聞いていたが観る機会がなかった「劇団鹿殺し」。関西から東京に進出して、路上ライブを繰り広げているパワフルな集団との噂だった。今回、大阪公演をも見逃したけれど神戸まで足を伸ばしてやっと観劇することができた。

 チラシの裏には劇団☆新感線古田新太劇団太陽族岩崎正裕の紹介文が書かれている。古田は「元気があってよろしい」、岩崎は「鹿殺しの演劇は強い」との文言をタイトルに掲げてこの劇団のパワフルさを伝えている。

 実際に観劇してみて、そのエネルギーを実感できた。確かに元気があって強い。破天荒でワクワクさせられる、頭では理解できないけれど心と体が揺さぶられる、そんな舞台だ。ある意味、KAVCのような大きな劇場で観たのは残念に感じられる。もっと身動きできないほど狭い芝居小屋で観たかった。

 路上パフォーマンスで鍛えてきた集団でありながら、舞台装置もかなりしっかりした物ができていた。美術的な面だけでなく構造的な堅牢さと安定感が優れており、スタッフは地味に優秀だと思われる。

 わけわかんないけど痛快。また観たいと思える一品だった。

2007/02/17-17:00
劇団鹿殺し「僕を愛ちて。」
神戸アートビレッジセンター/前売券2800円(全席指定)
作:丸尾丸一郎
演出:菜月チョビ
出演:丸尾丸一郎/オレノグラフィティ/菜月チョビ/渡辺プレラ/JIRO・J・WOLF/リアルマッスル泉/山本聡司


posted by #10 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック