2013年02月24日

柿喰う客『発情ジュリアス・シーザー』

hatujoujuriasusi-za-.jpg

ローマ市民からの熱狂的な人気を誇る
凱旋将軍ジュリアス・シーザー。
彼の暴走を恐れたブルータスは
旧友キャシアスらに駆り立てられ
シーザー暗殺を決意する─
(チラシより)

 シェイクスピアの戯曲をすべて女優で演じる「女体シェイクスピア」第三弾。場所は閉館が噂される青山円形劇場。今回も深谷由梨香が主役(ブルータス)、七味まゆ味が悪役、岡田あがさがコミックパートを担当していたが、この辺の主要メンバーはそろそろ入れ替わってもいいのではないかと思われる(配役をシャッフルする乱痴気公演はまたちょっと意味が違う)。まあ、実力も華もあるので仕方ないかもしれないが。

 この作品は原作を読んだ記憶がないので直前にネットであらすじを予習したものの、共和制ローマの政治や社会がどんな様相だったのかイメージを持っていなかったため、いまいち飲み込めなかった。シーザーを暗殺するブルータス達が一体彼の何を恐れていたのかがピンと来ず、なんだかよく判らないうちに熱狂に駆り立てられる登場人物を背後から追いかけるような印象になった。原作がそういう調子なのか中屋敷演出だからそうなったのは判らない。

 円形劇場の使い方は可もなく不可もなくという所で、額縁舞台とは違うものの、円形でなければ不可能な演出というわけでもなかったと思う。対面する花道に沿った動きが中心で、円形を生かしたのはラストシーンくらいではなかったろうか。

2013/02/24-14:00
柿喰う客「発情ジュリアス・シーザー」
青山円形劇場/事前入金4300円
原作:W・シェイクスピア
脚色・演出:中屋敷法仁
出演:石橋菜津美/岡田あがさ/荻野友里/川上ジュリア/七味まゆ味/清水由紀/田島ゆみか/鉢嶺杏奈/葉丸あすか/深谷由梨香/我妻三輪子/渡邊安理
舞台美術:原田 愛
照明:松本大介
音響:上野 雅
音楽:佐藤こうじ
衣裳:木阿友子
ヘアメイク:梅澤裕子
演出助手:入倉麻美
舞台監督:川除 学
宣伝美術:山下浩介
宣伝写真:引地信彦
宣伝ヘアメイク:田中順子
映像撮影:竹崎博人
広報:赤羽ひろみ
票券:北澤芙未子
制作助手:加藤恵梨花
制作:斎藤 努
制作協力:ゴーチ・ブラザーズ/righteye/PAMC
企画製作:柿喰う客


posted by #10 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。