2005年05月02日

劇団夢のミルクこうじょう「潮風が歌う街」

 帝国の辺境に位置する港町コンスタンブリュー。そこに暮らす老婆リファは50年前に船出したまま帰ってこない恋人のライアスを待ちながらずっと暮らしていた。ライアスは最後に船出する前にある物をリファに預けたが、それを狙う帝国の僧兵と海賊がやってくる。

 おとぎ話というかファンタジーというか。3つ集めると世界を支配する力が得られるアイテムという設定はとかくありがちだが、女ばかりの海賊(でもキャプテンはオカマ)や帝国の兵士が僧兵というのは珍しい。

 恋人、親子、嫁姑、仲間、上司と部下、それぞれの関係での愛情や信頼がてんこ盛りに描かれて、観ていてくすぐったくなるような舞台だった。とはいえ鼻につく印象は受けない。キャプテンのオカマっぷりと僧兵長のわるものっぷりが良かった。

2005/05/02-19:00
劇団夢のミルクこうじょう「潮風が歌う街」
シアターモリエール/当日券2500円
作・演出:早川浩史
出演:池田紋子/早川浩史/大塚雅子/木村寛之/古川理沙/川嶋美幸/宇田川藍/古田島啓介/大沼優記/村田展章/橋本ユウスケ/府川優子/山東大輔


posted by #10 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。