2012年12月09日

THE THREE WITHHiro「瀕死の王」

hinshinoou.jpg

まもなく死ぬことを宣告された、どこかの王さま。
第一王妃は死ぬことを受け入れろと叱りつけ、第二王妃は死ぬことを嘆き悲しみそばにいる。
ねじくれた世界でほんとうのことをいうイヨネスコの傑作を、3人の実力派俳優が演じます。
(チラシより)

 死を迎えようとさまよう王と、二人の王妃。登場人物も出演者も三人だけで濃縮されたパフォーマンスが、観客が足を伸ばしたら役者に当たるくらい小さなスペースで繰り広げられる。短い時間ながら、各人物のキャラクターがだんだん確固たるものになっていく様子が感じられて気持ち良かった。

 寒い日に暖房の聞いた会場だったこともあって正直半分寝てたんですが、心地よい場所でした。

2012/12/09-14:00
THE THREE WITHHiro「瀕死の王」
RAFT/当日清算3000円
原作:イヨネスコ「瀕死の王さま」
脚本・演出:佐藤久
出演:大道無門優也/金崎敬江/あきやまかおる
写真:本城典子
宣伝美術:ハコファクトリィ


posted by #10 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。