2012年12月08日

ヨーロッパ企画「月とスイートスポット」

tsukitosi-tosupotto.jpg

どこで、
捻れちまったんだろうなあ。
(チラシより)

 中国マフィアに潰されつつあるへなちょこな日本ヤクザ。大怪我をしながらビルの谷間に追い詰められた所で、“一番良かった頃”の幻覚を見られるドラッグ「スイートスポット」を打つ・・・。

 ヤクザ者とはものすごく縁遠いタイプの人が集まっているヨーロッパ企画によるヤクザ芝居。そんなのできるのかと思えるが、へなちょこだったり間抜けだったりするので案外いい感じにはまっていた。

 ドラッグを使った男が見ている幻覚のはずなのに、他の全員にも見える上、幻覚の中の人が外に出てきてしまう。「おかしーだろ!なんで俺にも見えてんだよ!」はかなり腹を抱えて笑えた。そしてひとしきり大騒ぎした後の、静かな場所に戻って迎える終幕の優しい空気。くっだらないバカ話なのにうるっとさせられるヨーロッパ企画の真骨頂と言えるだろう。

2012/12/08-18:00
ヨーロッパ企画「月とスイートスポット」
本多劇場/当日券4500円
作・演出:上田誠
出演:石田剛太/酒井善史/角田貴志/諏訪雅/土佐和成/中川晴樹/永野宗典/西村直子/本多力/望月綾乃/加藤啓美術:長田佳代子
照明:葛西健一
音響:宮田充規
衣装:中嶋佑一
ヘアメイク:松村妙子
映像:大見康裕
演出助手:山田翠
舞台監督:筒井昭善/大鹿展明
演出部:大槻めぐみ/杉浦訓大
運送:植松ライン
記録映像:山口淳太
アートディレクション:堀口努
宣伝写真:有本真紀
制作:井神拓也/諏訪雅/本多力/吉田和睦
WEB:柏敏行
制作補:天恵祐子/大瀬千尋/樫木由子/田淵梓/中路まり絵/吉永祐子


posted by #10 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。