2012年12月08日

ライズ・プロデュース「眠れない羊」

nemurenaihitsuji.jpg

主が事故で亡くなってから一年───
森の中に佇む屋敷には、
生前彼に仕えていた従順で忠実な執事たちが集まっていた。
主を偲び、厳かに夜会が開かれる。
屋敷での思い出を語り合いながら、静かに夜が更けていく。
しかし、梟が鳴く頃、紅茶を注ぎながら一人の執事が言った。

「ご主人様は、殺されて当然の方でございました」

こぼれた紅茶の染みはテーブルクロスに広がり、
足元を濡らし、やがてそれぞれが抱える秘密と共に
ゆっくりと屋敷を沈めていく・・・・
(チラシより)

 イケメン俳優ばかりが出演するプロデュース作品。クロムモリブデンの森下さんが出演しているので観に行ったが、客席の女性率があまりに高くて引いた。そりゃこんな出演者陣ではそうなることが容易に想像できるというものだが、普通の芝居好きが来たら場違いなくらいだった。

 とはいえ作品は小劇場演劇としてまっとうで、演劇ファンとしても納得が行くものだった。すでに亡くなった人物について知る人たちが集まり、語り合う中でその人物像が次第に明らかになって行くという仕立ては、ある意味ミステリーの様な感覚だ。いい人だったのか、ひどい人だったのか、やはりいい人だったのか。そして納得の行くラスト。

 しかし現代にもああいう執事って実在するんですかね。

2012/12/08-13:00
ライズ・プロデュース「眠れない羊」
ウエストエンドスタジオ/当日券3500円
脚本・演出:ほさかよう
出演:小野健太郎/牧島進一/森下亮/川村進/鍛治本大樹/向山毅/北岡圭太/飯田太極/廣川三憲
舞台監督:倉本徹
美術:渡邉景子
照明:榊美香
音響効果:天野高志
宣伝デザイン:永井純
宣伝写真:シンヤケイタ
宣伝ヘアメイク:眞弓秀明
プロデューサー:吉田隆太/川田希
製作統括:川ア登/河内喜一朗


posted by #10 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。