2012年08月19日

ロリータ男爵「はんぶん隠し味」

hanbunkakusiaji.jpg

【ストーリー】高齢化を見込んでオープンした姥捨山の頂上に、今もポツンと残る喫茶店“不死鳥”。そこの厨房でシノ子は出汁として働いていた。しかし姥捨山の閉山が決まり、不死鳥も存続の危機に!起死回生のアイデアとして持ち上がったのは、猫カフェとしてのリニューアルオープンだった。
(チラシより)

 ドタバタ・ナンセンスのコメディだが、色々な要素にちゃんと伏線があり、ラストで明かされる物語の真相もなるほどそうだったのかと納得する。もちろんそれでもナンセンスなのだが、じんと来るいい話だった。

 初めて観る劇団でまったく予備知識がなかったが、前回のホチキスに出演していて印象深かった丹野晶子が出ていた。というかこの劇団の人だった。それと犬と串の鈴木アメリも出ていた。鈴木アメリはあまり美人じゃないと思ってたんだけど、この作品ですごく美人に見えた。カニの着ぐるみという衣装だったのに。

2012/08/19-14:00
ロリータ男爵「はんぶん隠し味」
OFF・OFFシアター/当日券3000円
作・演出:田辺茂範
出演:丹野晶子/足立雲平/福屋吉史/清水くん/キジマチカ/鈴木アメリ/佐伯さち子
音楽:佐藤こうじ
振り付け:依田朋子
舞台監督:海老沢栄
照明:萩原賢一郎
舞台美術: 仁平裕也
宣伝美術:森田涼子
制作運営:三村里奈


posted by #10 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック