2012年08月12日

電動夏子安置システム「また悪だくみをしているのね」

matawarudakumiwo.jpg

私ね、アナタを誘拐しようと思うんです。
(チラシより)

 大きなお屋敷の中で、いくつもの事件が同時進行で起こる。整理すれば発端は3つなのだが、人によって知っていることと企んでいることが違うので会話が噛み合わず勘違いの連鎖が起こり、事態はどんどんややこしくなっていく。

 コメディのパターンとしてはありがちだし、設定がご都合主義的だったり会話が無理矢理だろうって場面も多々あるのだが、それを強引に押し切って文句を言わせないくらい怒涛の情報量。今回は誰が何を知っているのか把握して展開についていくだけでも精一杯な盛り込み方で、最後の最後まで明かされない真相もあり、しばらく反芻が必要に感じるほど濃厚だった。

 複数の部屋をひとつのセットで表現する演出も特筆に値する。普通はセットを少し動かしたり暗転を挟んだりして場面転換を示すものだが、この作品ではそんなせこいことはせず、同時に別の部屋の場面を重なって演じる。このスタイルは初めて見たわけではないが、これだけ多用してしかも見づらくないのは演出技術としてかなりハイレベルではなかろうか。

2012/08/12-19:00
電動夏子安置システム「また悪だくみをしているのね」
シアターKASSAI/当日清算2800円
脚本・演出:竹田哲士
出演:道井良樹/蒻崎今日子/小舘絵梨/じょん/なしお成/横島裕/岩田裕耳/四條久美子/田口愛/高田淳/小原雄平添野豪
演出助手:道井良樹
舞台監督:森山香緒梨
舞台美術:袴田長武
照明:たなか一絵
音響:竹田雄
衣装:岸川康子
小道具:添野豪・横島裕
宣伝美術:岩田裕耳
WEB:竹田哲士・小原雄平
写真撮影:佐藤淳一
映像撮影:渡邊皐
制作協力:西村なおこ(Karte)


posted by #10 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック