2012年07月21日

芝居流通センターデス電所「神様のいないシフト」

kamisamanoinaishifuto.jpg

菅原ミチルは弱っていた。
バイトに行きたいのに行けないのである。
ミチルはバイト先に休ませて欲しい旨を伝える。
しかし急な欠勤はバイト先だって困るのだ。
シフトが滅茶苦茶になる!
しかしどうしてもミチルにはバイトを休まねばならない事情があった。
ミチルの恋人、ナツミが宙に浮いているからである。
しかも、眠ったまま。
そう。
ミチルの恋人は悪魔に憑かれていたのです。
そんな中、教会から悪魔祓いのスペシャリスト、
勅使河原神父がやってきて悪魔と対峙する!
ナツミに憑いた悪魔はおちるのか?
どうして悪魔が憑いてしまったのか?
勅使河原神父は神の力を借りることができるのか?
そしてミチルは、バイトを休むことができるのか?
「神様、次いつ入ってくれんの!?」
(チラシより)

 チラシに書かれた上記のあらすじは少々変更されているようで、バイトはそんなに話の中心ではなくなっていた。彼女に憑いた悪魔は本物なのか狂言なのか、霊感のある友人が連れてきた神父は本当に悪魔祓いの力があるのか。どこまで嘘でどこから本当なのかめまぐるしく転換する。

 前回のジョギリ婦人は比較的一本道でどんどん話が深く重くなっていったのに対し、今回はオカルトとコメディを行ったり来たりする印象で、観劇のスタンスが取りづらく感じた。どんでん返しは2回以上重なると疲れてしまう。

2012/07/21-19:00
デス電所「神様のいないシフト」
駅前劇場/事前入金3300円
作・演出:竹内佑
出演:岸潤一郎/山村涼子/丸山英彦/豊田真吾/浅見紘至/國武綾/四宮章吾
音楽・演奏:和田俊輔
振付:豊田真吾
舞台監督:中村貴彦
舞台美術:吉野章弘
音響:大木裕介
照明:加藤直子
映像:DrillBros.
小道具:原田鉄平
衣装:itimiちゃん
歌唱指導:水野里香
演出助手:小林佐和
スチール撮影:イトウユウヤ
宣伝美術:萩原栄一
イラスト:古泉智浩
宣伝協力:DrillBros.
制作:竹内奈緒/上村幸穂


posted by #10 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック