2012年06月17日

ひげ太夫「雷神ウツボ」

raijinutubo.jpg

ひげ太夫、シルクロードへ行く!
「ええい、井戸をよこせ!わはははは」
ボンジャ大王がひげを捻れば
猛毒サソリも縮みあがる。
「しええ、この村ももう終わりじゃ」
「じいちゃん、待って。あれ見て!」
ヒリヒリかわいた砂漠の空に
もわりこ、もわりこ雷雲が湧き上がる。
神出鬼没の雷神ウツボ!
この村守るぜ、ただし飯食ってからだ。
ゴロピカドシャーン!

'08年の人気作、パワーアップして再び登場!
どどーん!
(チラシより)

 再演ということもあり、ひげ太夫の作品として特に目新しい要素はないが、出し物芝居のワクワク感は安定の域。今回は子供の団体が来ていたので上演中に騒いだりしないか心配したものの、始まった途端にすっかり引き込まれた様子で、まったくの杞憂だった。

 ひげ太夫の物語はいい意味でワンパターンだ。悪い奴に苦しめられている庶民を流れ者の主人公が助ける。やっつけられた悪者も最後は心を入れ替えてめでたしめでたし。どうせいつもこのパターンなんだから、いっそ脚本は変えずに組体操を進化させていってもいいんじゃないだろうか。さすがに毎回同じ話では飽きられるから3つか4つのレパートリーを繰り返す感じで。

 観たことのある演目が繰り返されれば、他人にも勧めやすいのです。

2012/06/17-14:00
ひげ太夫「雷神ウツボ」
Geki地下Liberty/当日清算3500円
作・演出 :吉村やよひ
出し物師(出演者):吉村やよひ/成田みわ子/永井ひとみ/林直子/鈴木子/中野彬子/東海紗希/伊藤貴子/中村まゆみ/平石祥子
照明:三谷洋平
音響効果:天野高志
舞台監督:近田佳明
宣伝美術:渡辺佳代
美術製作:山田淳子
制作:山田真里亜/ひげ太夫


posted by #10 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック