2012年06月09日

ホチキスbeauty「看板娘ホライゾン」

kanbanmusume.jpg

客が全く来ない饅頭屋「金蝶堂」。父が饅頭を焼き、次女が無愛想に店番。母は一家を食べさせるため働きに出て、長女は引きこもる。そんな金蝶堂に、自らを看板娘プロデューサーと名乗る謎の女性がやってくる。看板娘を生み出し、起死回生をしてみせると宣伝するのだが…。
(チラシより)

 プロデュース公演とのことでホチキスの団員は少なく、また演出も米山さんではないということでいつもと違う作風になるかと思われたが、特に大きな違いは無く、ホチキスらしい舞台だった。ホチキスと言えば常に強烈な印象の小玉久仁子がいなかったためか、むしろ登場人物のバランスがよくなっていたようにも思った。

 いつもなら小玉久仁子が演じたであろう「看板娘プロデューサー」を担った丹野晶子は、また独特の空気で面白かった。全体にほぼ無表情で言葉も棒読みっぽいにもかかわらず、どこか押しが強い。ややぽっちゃりした体形とあいまって、次は何をしでかすのか予想できないオーラを放っていた。初めて見たのでどこまでが役作りなのか判別できないが、また見てみたい役者だ。

 物語は若干砂利塚アンリミテッドに似ていたような気がするが、楽屋落ち的にちょこっと出てきた。その時の観客の反応から、ああみんな観てるんだなと思われ、変な意味での一体感があったり。途中少しだけ間延びしてるように思われる部分もあったが、笑って泣いて楽しめる100分だった。

2012/06/09-14:00
ホチキスBeauty「看板娘ホライゾン」
王子小劇場/当日清算3500円
作・総合演出:米山和仁
演出:木内コギト
出演:丹野晶子/丸尾みゆき/椎名琴音/中村真沙海/齊藤美和子/谷仲恵輔/西川康太郎/山本洋輔


posted by #10 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。