2012年05月27日

青☆組「キツネの嫁入り」

kitunenoyomeiri.jpg

むかしむかしの、未来の昔。
ある村に、おじいさんと、おじさんと、少年と・・男ばかりが住んでいました。 おじいさんは山へ芝刈りに、おじさんは川に水浴びに、少年は人間の住めなくなった森へお嫁さんを探しに行きました。
(チラシより)

 未来の昔話。なんで未来なのかと思ったら「千年前に閉鎖された廃工場と、毒のある金属」が語られるのだ。それは恐らく原発のことと思われるが、最後までそれは明確にはならない。物語の内容上必要がないのと、登場人物の誰もそれを知り得ないからだろうが、それがまた切ない。

 登場人物はいかにも昔話風で、難しいことはわからないが実直に生きている。女の子が生まれなくなり、草木が花を咲かせなくなっても、ただ仕方ないこととして受け入れ、そういう島でどうやって生きていくか模索している。

 その原因がなんであれ人類はやがて衰退し、いつか滅亡の日を迎えるだろう。人類最後の一人がいつどこでどんな風に生まれて死ぬか、それを題材にした作品は過去にもあったが、SF的なものが多かったように思う。この作品は優しい優しいおとぎ話だった。

 優しすぎて前半少し眠くなったし、後半も特にクライマックスがあるわけではないけれど、じんわりと温かみが伝わってくる舞台。スパイスのように練りこまれている風刺は決して前面に躍り出ることはなく、それゆえに観る者の反省を促す効果を持っていたと感じられる。

2012/05/27-15:00
青☆組「キツネの嫁入り」
こまばアゴラ劇場/当日清算2700円
作・演出:吉田小夏
出演:荒井志郎/福寿奈央/林竜三/藤川修二/大西玲子/高橋智子/石松太一/田村元/東澤有香
舞台監督:森山香緒梨
舞台美術:濱崎賢二
照明:伊藤泰行
音響:泉田雄太/柴田未来
演出助手:城間さゆり/片山敦郎
宣伝美術:空
宣伝写真:chara*coco* 
制作:岩間麻衣子 + 組員一同


posted by #10 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。