2012年04月28日

範宙遊泳「夢!サイケデリック!!」

yumesaikederikku.jpg

「夢!サイケデリック!!」はタイトルの通り夢の話です。
僕がたぶんずーーーっと前から描きたかったモチーフです。
人類の創世に少し目配せしつつ、何かを圧倒的に喪失している人間が描かれます。
人間の根源的な部分が描きたい、そう、範宙遊泳のやってることはいつもだいたいそういう意思です。
ただ、この芝居は、夢です。夢の再現ではなく、夢そのものです。
俳優の身体と電波から観客が夢を受信した時、サイケなところに行けるかもしれません。
山本卓卓
(チラシより)

 サイケデリックな夢の話ということで、いかにもな展開が続く。先生役の弾けっぷりが好印象だった。最初から夢オチを宣言するようなタイトルはなかなか挑戦的だが、まあこんなものかな、という印象。

 カラフルなオブジェはいくつかあったものの、全体としては素舞台に近く、サイケデリックと言うには少々物足りなかった。ピンポン球を大量に使った演出はなかなかの迫力だったが、視覚的にインパクトがあったのはそのくらい。

 アフタートークでは、山本さんがどんなつもりで作ったかの説明?が聞かれ、なるほどと納得する部分も多かった。しかし本来そういう説明は蛇足だと思うので、説明抜きで伝わってくる・感じられる舞台を期待したいところだ。

2012/04/28-19:30
範宙遊泳「夢!サイケデリック!!」
アトリエ春風舎/当日清算2500円
作・演出:山本卓卓
出演:大橋一輝、熊川ふみ、埜本幸良、山本卓卓、福原冠
美術監督:たかくらかずき
照明:山内祐太
音響:高橋真衣
舞台監督:石川大智
演出助手:菅原和恵
制作助手:鈴木猛丸
制作:坂本もも


posted by #10 at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック