2012年04月21日

柿喰う客「絶頂マクベス」

zecchoumakubesu.jpg

スコットランド最強の武勇を誇る将軍マクベス!!
邪悪な魔女たちが予言したのは光輝く王位の座!?
欲深い妻に駆り立てられ
現国王の殺害を夢想する─
「ヤっちまおう…
それで何もかも
終わりだ…!!」

女優たちによる
シェイクスピア上演プロジェクト第2弾!!
“絶頂”を目指す泥沼の下克上、ここに解禁!!
(チラシより)

 女体シェイクスピア第二弾。男装の麗人が独特のリズムでキメるスタイリッシュな舞台。第一弾のハムレットはシェイクスピアの悲劇で一番長い作品だったのに対してマクベスは一番短いが、柿喰う客はどちらも同じくらいの長さにまとめている。

 勇敢で忠義に篤いマクベスが、三人の魔女にそそのかされて主君を殺して王位を簒奪するが、結局は殺されてしまう悲劇。山が動かなければ大丈夫とか女の股から生まれた者には殺されないという魔女の言葉をほぼトンチみたいにクリアする所と、婦人の悪女キャラが有名だろう。

 有名な部分をどのように演出するかは当然注目されるが、そこは意外とあっさり片付けられていた。特に婦人の描き方はアフタートークでも質問されていたが、やはり重要なポイントだけにあえて軽く描いたそうだ。しかし私としてはマクダフが帝王切開を明かす場面がなんとなく手抜きな印象だった。

 そして、主役の深谷由梨香は確かにいいんだけど、ハムレットも彼女だったので今回は別の人でも良かったのではないかと思う。乱痴気公演ではなく本役で。

 とは言え、ラストシーンで勢揃いした出演者が見得を切るところは、安直なんだけどやっぱりゾクゾクした。かっこいい舞台だ。

2012/04/21-14:00
柿喰う客「絶頂マクベス」
吉祥寺シアター/事前入金3000円
原作:W.シェイクスピア
脚色・演出:中屋敷法仁
出演:七味まゆ味/深谷由梨香/葉丸あすか/内田亜希子/岡田あがさ/荻野友里/小野ゆり子/きたまり/葛木英/斎藤淳子/佃井皆美/新良エツ子/藤沢玲花/我妻三輪子/渡邊安理
美術:原田愛
照明:松本大介
音楽:佐藤こうじ
音響:上野雅
衣裳:木阿友子
ヘアメイク:田中順子
演出助手:入倉麻美
舞台監督:棚瀬巧
宣伝美術:山下浩介
宣伝写真:引地信彦
撮影中継:竹崎博人
票券:北澤芙未子
制作助手:加藤恵梨花/亀田英愛/時澤香保里/丸山立
制作:斎藤努


posted by #10 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック