2005年03月26日

ASSH「トーキョーより行先不明の穴に落ちて」

 近未来、青少年が外へ出ることを禁じられたトーキョーで、脱出をはかって“穴”を掘る一団がいた。その穴に入りアクセスすると、地球の裏側へ転送されるという。しかし企みを阻止しようとする都職員たち、そしてTシャツから復活したゲバラが入り乱れて壮絶な戦いが繰り広げられる。

 不条理ナンセンスギャグ系。様々な映画のパロディがふんだんに盛り込まれ、私が元ネタ知らない物も多いでしょうから全体の半分くらいはパロディでは? 随所で「あれかー!」と笑わせてもらいました。

 全体になんだか元ネタが古いような気もしましたが、石原裕次郎の全盛期がそもそも古いですから仕方ないでしょう。しかし「嵐を呼ぶ男」のボクシングネタで客が全然反応してなかったのが気掛かり。あの映画知ってるのって何歳までなんだろ?

 技術的には、ちょっと不満。役者の動きにキレがなく、なんとなくダレた印象を受けた。ゲバラ役の人(名前不明)が好印象だったが、他は印象に残らなかった。不条理劇だからこそ、基礎的なことをキッチリやってほしい。

2005/03/27-19:00
ASSH「トーキョーより行先不明の穴に落ちて」
麻布die pratze/当日券
作・演出:まつだ壱岱
出演:成願トオル/多智花孝彰/ちひろ/黒谷左近/後藤文一郎/えんどうたいと/カノヒロアキ/深沢幸弘/貴哉/若松綾子/松井美帆/白須陽子/川島田ユミヲ/明日可/まつだ壱岱


posted by #10 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック