2005年03月20日

うたたねのinuラジオ「まえぶれ」

三劇団による三話オムニバス。
「ナレルとダレル」アル中の母親に虐待される姉弟が、父がいるという“天国”を目指して街に出るが、街は決して優しくない。
「コイスル」鯉の養殖を営む家のお葬式。自由奔放な父と引きこもりな息子。頼もしい従業員。自分の進むべき道を見つけかねている息子が、戸惑いながらも一歩を踏み出していく。
「甘いけむり」学校で隠れて煙草を吸っている女子高生と、そこに出くわした教育実習生。彼の深刻な悩みを聞く女子高生。

 各ストーリーのラストが次のストーリーに繋がっていき、それがタイトルの「まえぶれ」の意味と思われるが、演出上特にそれが効果を発揮しているとは思えなかった。ただそれぞれの物語は悪くない。個人的に一番好きなのは「甘いけむり」。なんだかメロンパンが無性に食べたくなった。

2005/03/20-18:00
うたたねのinuラジオ「まえぶれ」
千本桜ホール/当日券2000円
「ナレルとダレル」
作・演出:石橋英明
出演:山岡未絵/鈴木利男/屋代秀樹/新井智丈/伊藤雅一/森谷由希子
「コイスル」
作・演出:屋代秀樹
出演:石橋英明/阿川雄輔/小野寺あき/倉持徹也
「甘いけむり」
作・演出:森谷由希子
出演:金田直子/気田睦


posted by #10 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック