2012年03月03日

あひるなんちゃら「まあまあだったね」

maamaadattane.jpg

喫煙所で語る宇宙とロマン。でも、タバコは吸わずに、男だらけで、70分。
(チラシより)

 いつも通りまったりというかダラダラした会話の連続。まして今回は場所が喫煙所だから、なおのことしょーもない会話が続く。元同僚が宇宙に行ったという話はいきなり荒唐無稽な感じもするが、結局出てくるトークは脱力するばかり。

 なんというか、飲み会で友達がしゃべっているのを半分眠りながら聞くとはなしに聞いているような感覚で観劇していた。たまに眠くなって落ちかける。でもそれで良いのだと思う。あひるなんちゃらはそういう劇団だろう。マジメに聞くほど中身のある会話でもない。

 今回は男性ばかりということで、いつも締めている黒岩さんがいなかったのは残念だが、まあそういう時もあっていいさね。

2012/03/03-15:00
あひるなんちゃら「まあまあだったね」
OFF・OFFシアター/当日券2500円
脚本・演出:関村俊介
出演:根津茂尚/関村俊介/江崎穣/佐藤達/澤唯/三瓶大介/永山智啓/堀靖明/三枝貴志/渡辺裕也
照明:古川睦子
音効:星野大輔
音楽:綱島慎平
舞台にあるもの:コマツバラミワ
WEB:ムー
宣伝美術:垈
写真撮影:たばたまみ
公式サポーター:日栄洋祐/伯美乃里
制作:中川加奈子/塩田友克


posted by #10 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。