2012年02月25日

コマツ企画「レイプの夜」

reipunoyoru.jpg

あの男が私を乱暴したんだ。被害者は私だ。私は被害者だ。
女の部屋に一人の男。
(チラシより)

 いかにも釣りっぽいタイトルとチラシ画像。しかしまあ中身はそんな直球でもあるまいと思ったらやっぱりそうだった。エロい要素も悲劇性も社会性もほとんどなく、変な人たちのとぼけた会話劇。

 柿喰う客からの客演で主役?の深谷由梨香は、高音なのにハスキーな独特の声質で、会話している時は好きなのだが叫ばれると耳が痛い。コマツ企画のホームページにあるように、深谷由梨香以外はほぼ無名の役者だったが、いずれもなかなかいい演技をしていて良かった。基本的にみんな気持ち悪いんだけど。

 この劇場はいつもそうだが二面座席で、今回は私のいた方が「横」だったみようだ。残念ながら役者の背中を見る場面が多かった気がする。その見極めがなかなか難しい。

2012/02/25-14:00
コマツ企画「レイプの夜」
小劇場楽園/当日清算3000円
作・演出:小松美睦瑠
出演:深谷由梨香/西本泰輔/木田毅祐/吉川順子/小松美睦瑠
舞台監督:桜井健太郎
照明:工藤雅弘
音響:志水れいこ
宣伝写真・宣伝美術:成川知也
制作協力:安田裕美


posted by #10 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック