2006年09月23日

東京ネジ「いえ、これは実験です。」

 母一人、娘三人、息子一人の家庭。父親がいなくなってから5人でにぎやかに暮らしているようだ。団らんで囲む食卓の下にはなぜか花壇のような土。「早く芽が出ないかなぁ」と言いながら食事の度に子供たちが水をやっているのだが、そこにあるものは・・・。

 コミカルなホームドラマのように見えて、少しずつ異様な側面が描かれていく演出は見ごたえがありました。子供を演じた役者の実年齢がそんなに若いはずないのですが、違和感なく小中学生に見えたのはかなり巧みなのだと思います。

 合理的な謎解きのあるミステリと超常現象を描くホラーの境界線上で物語は進行し、謎はほとんどそのまま残して結末を迎えるという手法。特に説明はないものの、説明があっても野暮なだけなのでしょう。

 不気味だけど奇妙な美しさを感じさせられる舞台でした。

2006/09/23-19:00
東京ネジ「いえ、これは実験です。」
OFF・OFFシアター/当日券2800円
作:柏木史江
脚色:佐々木なふみ
演出:佐々木香与子
出演:佐々木なふみ/宮下舞/佐々木香与子/小林篤/宮嶋美子/佐々木富貴子/細身慎之介


posted by #10 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。