2012年01月22日

桃尻犬「乳首鎹」

titikubikasugai.jpg

お寺が実家の青年が、
兄が死んでそのお通夜とお葬式のために実家のお寺に帰省した先で
昔、乳首を愛撫しあった間柄の幼馴染の女性と再開し、
お寺の跡継ぎ問題や
お金の問題、檀家の問題とか話しながら、
死んでしまったお兄ちゃんの事を思い出す
乳首が紡ぐお話。
(チラシより)

 とても面白かった。ゲラゲラ笑った。とてつもなく下らない、荒唐無稽でメチャクチャな展開、意味不明なオチ。何か深遠なテーマがあったとしても全くどうでもいい。何あのドロドロ。

 学生演劇みたいにガチャガチャした構成で、悪ノリとしか思えない展開。好き嫌いは別れる作品だろう。しかし演劇の技術としては決して低いものではなく、十分な技術を持ってバカをやっている印象だった。特にすごかったのは堂本佳世。何者なんでしょうあの人は。

2012/01/22-14:00
桃尻犬「乳首鎹」
王子小劇場/当日清算2000円
作・演出:野田慈伸
出演:成瀬正太郎/糸山和則/渡邉晋/前原駿哉/我那覇ひろの/中野のぞみ/堂本佳世/野田慈伸
舞台監督:宮田公一
舞台美術:澁澤萌
照明:山内祐太
宣伝美術:NiNi
制作:飯塚なな子


posted by #10 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック