2011年12月17日

動物電気「タッパー!男の器」

tappa-otokonoutuwa.jpg


 ほどほどに田舎の町の蕎麦屋の女将さんと、流れ者っぽい板前。店に集う常連客たち。状況としては昔の日本映画のようだ。しかし登場人物はあらかた変な人というか変態で、ハチャメチャな事件が次々に起こる。でもなんだかんだで丸く収まって大団円を迎えた…と言えるか難しいが、どうにかなる。

 これぞエンターテイメント、ただただ楽しい小劇場のお芝居だ。とっても下らないけど、意味もなく可笑しきて笑っていた。無茶な奴らに翻弄されながらキッパリ怒鳴りつける女将さんを演じた帯金ゆかり、堂に行っていました。そして婚約者にしばしば暴力を振るう変態役の辻修は、先日ゴジゲンでも激しい変態を演じていた。あの人実際どんな人なんだろう。

2011/12/17-19:00
動物電気「タッパー!男の器」
駅前劇場/指定席前売券3500円
作・演出:政岡泰志
出演:小林健一/辻修/森戸宏明/松下幸史/ヨシケン /浜松ユタカ/吉田麻生/姫野洋志/政岡泰志/三宅知明/大村わたる/松本大輔/谷部聖子/藤咲マコト/帯金ゆかり
舞台監督:松浦孝行
舞台美術:田中敏恵
大道具:泉真/横尾友広
照明:清水明久
音響:田上篤志
選曲:小笠原静香
衣装:太田家世
小道具:清水克晋
宣伝美術:オカヤイヅミ
イラスト:スズキアキ
当日運営:三村里奈
制作協力:谷山尚未


posted by #10 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。