2006年09月10日

[R.S.H.B]「祭影の姉妹」

 昔から続く祭の伝統を残すある町で靴屋と鞄屋を営む姉妹。昔起きたある事件がきっかけで、二人は祭が嫌いになった。それでも助け合いながら二人はその町で暮らしていたが、ある年、祭で重要な存在となる「鬼」の役が回ってくる。

 全体に、雰囲気を出そうとする演出が目に付いてしまい、物語世界に入り込めませんでした。舞台と客席の距離が近すぎるのも一因でしょう。

 劇中に縁日の射的が出てくるのですが、舞台サイズの関係でどうしても的までの距離が近すぎるセットになってしまっていて、なんだか窮屈な印象を受けました。

2006/09/10-14:00
[R.S.H.B]「祭影の姉妹」
明石スタジオ/前売券2500円
作:川辺潤治
演出:高橋俊一
出演:岩田好世/新井史美/大川敬介/政井卓実/小中あかり/大堀秀幸/大越安明


posted by #10 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。