2011年12月11日

乞局「乞局」

kotsubone.jpg

目覚めると夫が異様に優しいではないか。
その夫は私の知る夫ではない。
夫に違いないのだけれど、その顔は知っているけれど、
私を異様に窺っているのも確かなのだ。
それは私が莫迦になったから。
何にもないけど、兎に角御免なさい。
(チラシより)

 劇団名を冠した戯曲、今回が再再演になるそうですが、前回つまり再演を観ました。役者や細かい演出などは変わっていたものの基本的には同じで、観ているうちに段々思い出してきました。田舎でもないが都会とも言い難い規模の町の商店街にある、一晩眠ると記憶がなくなる妻を持つ男が営む喫茶店が舞台。虫にちなんだ名前を持つ住民たち。

 前回の感想を読み返してみると、今回とほぼ同じでした。代表作の名に恥じない良作。当然と言えば当然ですが、非常に安定した表現力を持つ劇団だと思います。

2011/12/11-14:00
乞局「乞局」
王子小劇場/前売券2800円
作・演出:下西啓正
出演:石田潤一郎/岩本えり/墨井鯨子/三橋良平/浅井浩介/佐野陽一/柴田洋佑/用松亮/善積元/石村みか/ザンヨウコ/田中のり子/徳橋みのり/西田麻耶
舞台美術:袴田長武+鴉屋
照明:吉村愛子
音響効果:平井隆史
演出助手:田中元一
舞台監督:藤本志穂 
衣装・ヘアメイク:中西瑞美
スチール:鏡田伸幸
撮影:テアトルプラトー 
宣伝美術:太田創
WEB:柴田洋佑
制作:上田郁子/会沢ナオト


posted by #10 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック