2011年11月05日

ミジンコターボ「儂が燃えて死ぬまでの噺(大炎上)」

wasigamoete_supersonic.jpg

めっちゃ燃えてるやんか。
ご存知「本能寺の変」を男優のみの関西弁でお届け!
(チラシより)

 ミジンコターボの東京公演、男優チームは戦国のお話。明智光秀の軍勢に囲まれて燃え盛る本能寺の一室で、信長と蘭丸とその他の武士や大工が騒いだり遊んだりしている。逃げようと慌てる大工を抑えて逃げ道があると余裕の信長だったが、逃げ道は繋がっていない。得体のしれない幽霊も見えてきて、さあどうするどうなる?

 短い生涯を一気に駆け抜けた男達の喜怒哀楽が全部詰まっているような作品。お調子者な信長と真面目な森蘭丸というキャラ設定だが、しかし実はそれぞれの正体は‥‥。それでも本能寺は燃えて、史実通りそこで皆燃えて死ぬ(幽霊は残ってる)。女優版と同じくパワーと勢いのあるコメディだが、最後はビシッとかっこよくまとめられて圧巻だった。

 舞台装置(というか背景)は女優版との入れ替えを素早く行う必要があってシンプルになったのだと思うが、とてもセンスが良いものだった。

2011/11/05-16:00
ミジンコターボ「儂が燃えて死ぬまでの噺(大炎上)」
王子小劇場/0円(2公演通し前売券)
脚本・演出:片岡百萬両
出演:片岡百萬両/山田まさゆき/吉田青弘/鈴木洋平/菊池祐太/大塚宣幸/武信貴行/江本祥
舞台監督:新井和幸
照明:海老沢美幸
音響:児島塁
衣装:植田昇明
ヘアメイク:KOMAKI
スチール:堀川高志
VTR収録:武信貴行
宣伝美術:片岡百萬両
ケータリング:さとみ
演出補助:赤松洋樹/中元優那/西野瑶子/箕原汐梨/山口大地
物販考案:宮西太朗
制作:笠原希


posted by #10 at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック