2003年03月29日

桜姫のお遊戯草子「真作者〜うしろ咲きの薔薇と薔薇〜」

 パロディ専門の芸術家ダレとの対決に敗れたポールの妻ガラは、ダレの犬になると言って連れ帰られるが、そこでダレの夢の世界に迷い込む。
  姫ワールド全開の幻想空間劇。桜姫の舞台は筋書きより雰囲気を味わうタイプの作品だと思うが、今回は特にその傾向を強く感じた。


posted by #10 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。