2003年04月26日

俳優館「Fly Me To The Moon 〜わたしを月につれてって〜」

 今は一児の母になった主人公が小学校二年生だった昭和44年、アポロが月に降りた頃の物語。
 登場人物の大半が子供であり、大人が演じるのは少々厳しい気もしたのですが、観ているうちに違和感がなくなっていくのはさすが役者というところでしょうか。


posted by #10 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック