2003年05月11日

演撃防衛軍メカとかげV≒-芝居空間-獏工房「ぐる∞ぐる」

 いつとも知れぬ時代の、どことも知れぬ国(江戸時代の日本ぽいけど違う)。将軍、侍、農民、商人、娼婦。それぞれがそれぞれの道を歩きながらぶつかりあい、重なりあっていく。
 会場に入ってすぐまさかと思いましたが、舞台裏がない構造で、役者は最初から最後まで出ずっぱり。舞台装置はほぼ皆無に等しく、純粋に演技のみで魅せる芝居でした。個人的には梅雨を演じた安藤さんの演技が好み。


posted by #10 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック